カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

オホーツク沿岸の古代遺跡群

投稿日:2010年4月10日

アイヌとも縄文とも異なるオホーツク文化があった

 網走では網走川河口の左岸側にあるモヨロ貝塚に行った。北海道遺産の「オホーツク沿岸の古代遺跡群」の代表的な遺跡で、北海道では唯一の国指定の史跡になっている。
 ここは3世紀から13世紀にかけてのオホーツク文化の遺跡で、1913年(大正2年)、考古学研究者の米村喜男衛が発見した。縄文文化ともアイヌ文化とも違うオホーツク文化の存在を知った米村は網走に住むことを決め、米村理髪店を開業し、そのかたわら遺跡の調査、研究に没頭した。
 司馬遼太郎の『街道をゆく』の第38巻「オホーツク街道」では、米村喜男衛のことをたんねんに描き、トロイの遺跡を発見したシュリーマンと対比させている。
 モヨロ貝塚は史跡公園になっている。その一角には「土の家」がある。北方民族のギリヤーク(ニブヒ)語で「ドーラフ」という土の家は冬の寒さをしのぐため、半地下式の土室のような造りになっている。夏の間は地上に丸太造り、草葺きの掘立小屋を造って住んだという。モヨロ貝塚に残されている竪穴住居跡はギリヤーク人の冬の家によく似ているという。

モヨロ貝塚
モヨロ貝塚の発掘跡


モヨロ貝塚館
モヨロ貝塚館内の貝塚遺跡


 それほど広くないモヨロ遺跡を歩いたあと、資料館の「モヨロ貝塚館」を見学する。ここは網走市郷土博物館の分館になっているが、館内では発掘当時そのままに復元した貝塚を見ることができる。そこには頭に甕をかぶせ、胸に両手を組み、両足を腹の上に折り曲げ、種々の器物を副えて埋葬された人骨も置かれている。
 モヨロ貝塚につづいて天都山の「北方民族博物館」に行ったが、そこではモヨロ貝塚から出土した多数の土器を見ることができる。
 オホーツク文化はオホーツク海の沿岸を中心として北海道、樺太、南千島の沿岸部で栄えた。
 以前見た、函館の市立博物館の展示が思い出されてならない。
 それは南千島に住むコディアック・アリュート族の3人乗りの皮舟。細身でスマートな船形。櫂もついている。主にラッコ猟に使われたという。荒れ狂う北洋に、この皮舟で乗り出していった北方民族の生活ぶりを胸を熱くして想像した。北方民族はオホーツク海を我が海とし、自由自在に行き来していたのではないか。
 オホーツク文化を知ると、北海道は「北の果て」というイメージは見事に打ち砕かれてしまう。北海道の北には豊かな文化を持った人たちが住んでいる。そんなあたりまえのことを改めて認識させられるのだ。
 網走からは国道238号で能取湖の湖畔を走り、常呂の町を走り抜け、サロマ湖まで行った。このエリアにもいくつものオホーツク文化の遺跡がある。とくに常呂周辺には遺跡の数が多いという。きっとオホーツク人にとっては住みやすい所だったのだろう。
 北海道のオホーツク沿岸はオホーツク人の住む世界。オホーツク人はさらに北の世界と密接に結びついていた。

能取湖


常呂の町並みを見下ろす
サロマ湖


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年7月号
    6月5日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    アンダー400 No.88
    5月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    静岡県・田貫湖編

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up