カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

野付半島と打瀬舟

投稿日:2010年1月13日

日本最大、全長26kmの砂嘴

IMG_1812_small

ナラワラの風景


 根室からは国道44号→243号→244号で野付へ。いよいよ「北海道遺産めぐり」の「北海道一周」も、第2ステージの「根室→稚内」編に入っていく。
 野付では全長26キロの砂嘴(さし)、野付半島と、野付湾で北海シマエビ漁をする三角帆の打瀬舟がセットで北海道遺産になっている。
「砂嘴」というのは沿岸流や波浪などによって運ばれた砂礫が海岸や湖岸から堆積し、細長く延び、突堤状になった地形。野付半島は日本最大の砂嘴で、ほかには静岡の三保の松原がよく知られている。

 ひと晩、野付温泉の「うたせ屋」で泊まり、翌朝は宿近くの尾岱沼漁港へ。活気のある漁港だ。港に揚った秋アジ(サケ)を見たが、北海シマエビ漁の打瀬舟はすでに港を出たあとだった。残念…。
 道道950号で野付半島に入っていく。海の中道といったところで左手にオホーツク海(根室海峡)、右手に野付湾を見ながら走る。国後島との間は野付水道。霞んで見える国後島まではわずか16キロでしかない。

IMG_1806_smallIMG_1811_small

野付温泉「うたせ屋」の湯
道の両側に海を見る


 野付半島ならではの立ち枯れたミズナラの「ナラワラ」の風景を見、「野付半島ネイチャーセンター」前を通り、竜神崎を通り、道の尽きるところまで行った。水鳥の天国のようなところで、何種もの水鳥を見た。夏だと一面にエゾカンゾウが咲く原生花園になるという。
 行き止まり地点から「野付半島ネイチャーセンター」に戻り、駐車場にバイクを停め、「トドワラ」への遊歩道を歩いていく。その入口には北海道遺産の案内板。野付半島全体の空中写真と打瀬舟の写真には目がいった。
 30分ほど歩くとトドワラに到着。立ち枯れしたトドマツが幻想的な風景をつくりだしている。そこには「トドワラの枯木群」と題して、次ぎのように説明されている。

トドワラは長い時間がかかって作りあげられた砂嘴の上に成立したトドマツ林が、海水面の上昇あるいは砂嘴の沈降により、海水におかされて枯木群に変化したものと考えられています。枯木の大部分は樹齢90?120年のトドマツであり、その中に樹齢150?170年のエゾマツも混在していることがその年輪から読み取れます。また年輪幅(5?10mm)から、この林は極めてよい成長をつづけていたことがわかります。今後、枯木群の腐朽が進み、塩湿地植物群落に置き換えられていくのも、自然の生み出す大きな流れなのでしょう。

IMG_1813_smallIMG_1814_small

野付半島の道、ここに尽きる
野付半島突端の風景


IMG_1815_smallIMG_1824_small

国後島まで16キロ!
北海道遺産の案内板


 トドワラはまさにトドマツ林の墓場の風景。それが消えていくのも、自然の宿命というものなのだろう。この季節、自分のほかにはまったく人影はない。そんなトドワラに一人たたずんでいると、時の流れの悲しみ、無常観のようなものを感じてしまう。
 野付半島から尾岱沼に戻ると、漁港へ急行。北海シマエビ漁の打瀬舟が戻っているのではないかと期待したが、帰港はまだだった。残念…。
 尾岱沼漁港の南にある国後島の展望台へ。そこからは20隻あまりの打瀬舟が見えた。そのうちの何隻かは三角帆を張って漁をしていた。
 打瀬舟を遠望したところで野付を離れ、国道244号で標津に向かっていった。

IMG_1817_smallIMG_1818_small

トドワラへの道
トドワラに到着


IMG_1820_smallIMG_1821_small

トドワラの木道を歩く
トドワラの風景


IMG_1825_smallIMG_1828_small

尾岱沼漁港
打瀬舟を遠くに見る


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.228
    3月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周


    モトチャンプ 2021年5月号
    4月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    アンダー400 No.87
    3月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    房総編

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 短期集中連載「東日本大震災」

    まもなく10年目の3・11を迎えます。2011年3月11日に発生した「東日本大震災」の直後から、ぼくはいたたまれないような気持ちで、「地平線通信」に毎月のように書きました。それら一連の「東日本大震災」の関連原稿をお読みください。それを通して当時の状況が伝われば幸いです。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up