カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群

投稿日:2009年12月6日

老朽化でついに崩壊!?

IMG_2176_small

「300日3000湯」のときに見たタウシュベツ川橋梁


 日高の静内をあとにし、国道235号で海岸線を行く。
 国道に沿ってJR日高本線が走っている。単線の線路を1両編成の列車が浦河に向かって走っていく。 
 日高の海を見ながらスズキDR-Z400Sを走らせ、三石の三石昆布温泉「歳三」の湯に入り、浦河に到着。浦河駅は中心街手前の国道沿いにあるが、寂れた感はいなめない。
 日高本線はさらに日高の海岸線を走り、様似が終点になる。
 当初の計画ではさらに東へ、日高から十勝に入り、広尾で広尾線に接続するはずだった。だが、「様似⇔広尾」間は未開業のままで終った。
 浦河からは国道236号を行く。日高山脈を全長4232メートルという北海道最長の国道トンネルで抜け、十勝に入っていく。広尾に近づくと、風景は一変し、目の前には大平原が広がっている。

 広尾に到着すると、1987年に廃線となった広尾線の終着駅、広尾駅まで行く。鉄路こそ消えたが、今はバスターミナルになっている。
 広尾線は「帯広⇔広尾」間の84キロの路線だったが、1967年から1975年までの間は帯広で士幌線に乗り入れ、糠平までの臨時急行「大平原」が走っていたという。
 帯広からは国道241号で上士幌へ。十勝の桁外れに広い平原を行く。そして上士幌からは273号でその糠平へ。平原から山中に入った糠平の周辺に北海道遺産になっている旧国鉄士幌線のコンクリート製アーチ橋梁群がある。
 その中でも何といっても目玉はタウシュベツ川橋梁だ。
 さっそくタウシュベツ川橋梁が見られる地点まで行ったが、そのときの驚きといったらない。
 何と跡形もなく、きれいさっぱりと消え去っているではないか…。
「どうして、どうして…」と思わず声が出た。
 2006年?2007年の「300日3000湯めぐり」のときは幌加温泉、岩間温泉に入ってここに来たが、ローマの水道橋を思わせる橋梁の美しさにはしばらくは見入ってしまった。その橋がなくなっている。
 かなり老朽化が進んでいたので、きっと崩落したのだろうと自分勝手に想像し、糠平に戻った。
 そこで地元の方に話しを聞いて納得。人造湖の糠平湖が増水し、タウシュベツ川橋梁は湖底に沈んだのだという。謎が解き明かされて、すごくほっとした。湖底に沈んだのでは仕方ない。気持ちが楽になったところで、タウシュベツ川橋梁の変わりに、国道沿いの三ノ沢橋梁を見に行った。

IMG_1757_smallIMG_1760_small

十勝の大平原
タウシュベツ川橋梁は水の中…


IMG_1761_smallIMG_1762_small

三の沢橋梁
三の沢橋梁


次は鉄道で北海道一周を…

 ぼくが初めて北海道を一周したのは1978年。
 我が「30代編日本一周」のときのことで、そのときはまだ北海道の鉄道はほぼすべての路線が健在だった。
 50?バイクのスズキ・ハスラー50を走らせての「北海道一周」だった。全泊野宿という超貧乏旅行で、興浜南線の栄丘駅や深名線の母子里駅といったローカル線の駅舎を使わせてもらって駅泊したこともある。
 栄丘駅ではオホーツクの波の音を聞きながら眠った。
 母子里駅では9月とは思えないような寒さに震えて眠った。
 話は横道にそれるが、1978年というのは大変な年で、母子里では2月27日に氷点下41.2度を記録し、日本の最低記録を打ち立てた。8月3日には山形県の酒田で40.1度を記録した。その直後に酒田を走ったが、アスファルトは溶け、センターラインがグニャグニャに曲がっていた。そのようなこともあったので、母子里駅で寝たときは「日本という国は夏と冬では82度もの差があるんだ!」と感動したものだ。

IMG_5948_small

「30代編日本一周」のときに立ち寄った深名線の蕗ノ台駅


 ぼくは鉄道も大好きだ。
 そのときはバイクで北海道をまわりながら、「この旅が終ったら今度は鉄道で北海道をまわりたい!」と心底、思った。だが、それはかなわぬ夢で終った…。
 あのとき、それができていたら…と、今すごく悔やまれる。
 1985年の興浜南線、興浜北線、美幸線を皮切りに、1987年の広尾線、士幌線、羽幌線…など、その後、次々と北海道の鉄路は地図上から消えていった。そのスピードはあまりにも速かった。
 当時(1980年)の鉄道地図を見ながら、ぼくはあらためて悔しさをかみしめている。

IMG_5947_small

1980年の北海道の鉄道地図。ほぼ全線が健在!


Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年1月号
    1月6日発売

    クレージージャニー
    第5回


    タンデムスタイル No.225
    12月23日発売

    賀曽利隆の分割日本一周
    関東編


    アンダー400 No.86
    1月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    西伊豆編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 関連サイト

  • サポーターサイト

Scroll Up