カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

10月27日

投稿日:2009年10月28日

「東横イン盛岡駅前」の「おにぎり&味噌汁」の朝食を食べ、7時30分出発。雨が降っている。雨具を着て走り出すのは何ともいやなものだ。北上川にかかる開運橋を渡り、県庁前を通ってR4に出る。R4を南下するにつれて雨は小降りになり、花巻に着くころには止んだ。昨日から降られっぱなしだったのでうれしい。

花巻ではスズキDRーZ400Sを止め、北上川の堤防上の道を「イギリス海岸」まで歩いた。ここは花巻生まれの宮沢賢治命名の地。賢治の大好きな所だったという。川岸の露出した白っぽい岩がイギリスのドーバーのホワイトクリフ(白い断崖)を連想させるので「イギリス海岸」なのだという。だが昨日の大雨で水量を増した北上川は川幅あっぱいに流れ、「イギリス海岸」とはほど遠い光景。そんな北上川の河畔にしばしたたずみ、ドーバー海峡をフェリーで渡ったときのことを思い出していた。フランスのカレーから、ベルギーのオーステンデからドーバーに向かったのだが、ホワイトクリフが見えてくると、「あー、イギリスだ」と胸を熱くさせた。ロンドンでは旅の資金が底をつき、2度、バイトをしたことがある。ある程度の金を貯めるとドーバー海峡のフェリーでバイクともども大陸に渡ったのだが、離れゆくホワイトクリフを見ていると、「さー、やるぞ!」という気分になるのだった。ぼくにとっても大好きな忘れられないイギリスの「イギリス海岸」なのだ。

北上川の「イギリス海岸」を見たからにはと、北上川を渡った高台上にある「宮沢賢治記念館」を見学する。賢治人気を物語るかのように、平日の午前中にもかかわらず、かなりの人たちが記念館を見学していた。ここでは花巻で生まれ、37歳という短い生涯を終えた宮沢賢治の一生が目で見て、よくわかるようになっている。年配の婦人2人が賢治について話していたが、その中の「賢治は100年分の人生を生きたのよねー」という言葉が頭に残った。「渋民」の石川啄木、「花巻」の宮沢賢治。2人とも岩手の生んだ偉人だが、ともに今の時代まで強い影響を残しているところがすごい。

「宮沢賢治記念館」前のレストラン「山猫軒」で「イーハトーブ定食」を食べて出発。花巻からは北上、水沢と通り、平泉へ。奥州街道の往路編でも立ち寄った中尊寺を参拝する。見事な紅葉に目を奪われた。それと中国人観光客の多さにも「おー!」という気分で驚かされた。往路編のときもおおかったが、復路編ではそれ以上だ。今年は夏には「チベット横断」を一番の目的にして、中国製のバイクで「西安→カシュガル」を走った。このあと12月にはスズキの125ccスクーター、アドレスV125Gで「広州→上海」を走ることになっている。それだけに、「よー、同朋!」といった気分で、みなさんには「ようこそ日本へ!」と声をかけたかった。

中尊寺の参拝を終えると、ふたたびR4を南下。奥州街道の往路編ではひと晩泊まった一関を通り過ぎ、岩手県から宮城県に入る。古川ではR4沿いの店「もちべい」で名物の「ずんだラーメン」を食べた。枝豆をすり下ろした「ずんだ」を練り込んだ麺。緑色をしたラーメンだ。中には力うどん風に餅が入っている。それに「ずんだ餅」のついたセットを食べた。いやー、満足、満足。ずんだラーメン&ずんだ餅で元気が出たところで、すっかり暗くなったR4を走る。仙台、白石と通り、福島県に入る。福島、郡山と通り、22時30分、白河に到着。新幹線の新白河駅前の「東横イン」に泊まった。

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年8月号
    7月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up