カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

10月23日

投稿日:2009年10月24日

札幌駅前の「東横イン」の朝食を食べ、8時出発。きれいな青空が広がっている。

北海道道庁の赤レンガの建物を見たあと、琴似へ。琴似神社の境内には「琴似屯田兵屋」がある。中には札幌開拓で使われた道具類が展示されていた。これは明治7年11月28日にできたもので、北海道では最初の屯田兵屋。新琴似には屯田兵中隊本部の建物が残されているという。琴似近くのスズキのバイクショップ「SBS札幌西」でDRーZ400Sのオイル交換をしてもらい、R5で小樽へ。天気はあっというまに崩れ、空一面、黒雲に覆われ、やがて雨が降り出す。小樽は北海道遺産「小樽みなとと防波堤」のおかげで、いままでとは違う小樽のまわり方ができた。

まず最初に「おたるみなと資料館」を見学。そこでは明治以来の小樽港沖合の北防波堤、南防波堤建設の歴史、初期のコンクリートブロックの斜めに積み上げていく工法などを見た。そのあと、フェリーターミナルや中国人観光客でにぎわう小樽運河を見、運河公園へ。ここは小樽港発祥の地。小樽港の北防波堤を設計した廣井勇の像が建っている。噴水のある広場の向こうには旧日本郵船の建物。絵になる風景だ。名残惜しい小樽をあとにし、R5で余市へ。ここでは北海道遺産の「ニッカウヰスキー余市蒸留所」を見学。ウィスキー工場の心臓部ともいえる蒸留棟では何基もの蒸留釜に火が入っている。公園のような美しさの工場内にはウィスキー博物館があり、創業者の竹鶴政孝の旧宅も残されている。ひとつ残念だったのはニッカを試飲できなかったこと。そのかわりに、余市リンゴのリンゴジュースをいただいた。

余市からはR229で北海道遺産の積丹半島に入っていく。東海岸の古平では「新家寿司」で昼食。積丹の海の幸を存分に味わった。「生ちらし」をいただいたのだが、何とネタは全部で13種。それもすべて積丹産。食べた順にいうと、本マグロの中トロと赤身、ヒラメ、ブリ、カズノコ、ホタテ、ホッキ、シャコ、ズワイガニ、アワビ、イクラ、ウニ、そして最後がボタンエビ。ボタンエビはまだピクピク動いているのでかわいそうになり、最後になった。古平の「生ちらし」には大満足するのと同時に、積丹の海の豊さをも強く感じるのだった。

積丹岬はパスし、神威岬へ。駐車場にDRを停めると、岬突端への遊歩道を歩いていく。幸いなことに雨は上がり、夕日に照らされた岬の突端を見ることができた。神威岬からは積丹半島の西海岸を南下し、神恵内村から泊村に入り、今晩の宿、さかずき温泉の国民宿舎「もいわ荘」に到着。ここはなつかしの宿。「300日3000湯」のとき、カブタン夫妻と一緒に泊まり、おおいに飲み、おおいに語りあったところ。大浴場の無色透明の湯につかっていると、あのときの光景がまざまざと目に浮かび、胸がしめつけられるほどにキューンとしてくるのだった。

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税