カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

10月22日

投稿日:2009年10月23日

江別温泉「富士屋旅館」の朝湯に入り、サケの焼き魚つき朝食を食べ、8時出発。江別駅前に立ち、そこから走り出す。まずは石狩川。江別を流れる石狩川を見、石狩川の堤防上の道をスズキDRーZ400Sで走る。最高の気持ちよさ。そのあとR337→R231で石狩川の河口まで行き、「北海道の母なる流れ」が日本海に注ぐ地点でDRを止めた。荒涼といた風景。猛烈な風が吹き荒れ、日本海は激しく波立っていた。石狩川河口の風景を目に焼き付けたところで、来た道を引き返し、江別駅前に戻った。

江別からはR12で札幌へ。その途中では、野幌の「江別市ガラス工芸館」の建物を見る。「江別のれんが」は北海道遺産になっているが、江別のレンガ造りの代表的な建物が「ガラス工芸館」。その周辺の中学校か公民館、商店などもレンガ造り。野幌では「野幌屯田第二中隊本部」の建物も見たが、心に残る野幌だった。

道都、札幌に入っていく。DRで札幌駅前に立ったあと、札幌のシンボルの時計台、北海道大学の構内にある「札幌農学校第2農場の建物群」、苗穂駅近くのサッポロビール園内にある「サッポロビール博物館」と、北海道遺産を見てまわる。札幌駅前に戻ると、R36で千歳へ。札幌市街を一望する羊ヶ丘でジンギスカンを食べ、恵庭を通って千歳へ。町中を走り抜け、R337沿いの道の駅「サーモンパーク千歳」まで行く。ここもカブタンに教えてもらったところ。「千歳サケのふるさと館」を見学したが、サケの稚魚の群れ、大水槽を泳ぐサケを間近に見られてすごくよたった。サケの生涯をたんねんに追った映画もよかったし、サケの登る千歳川の中を見られるのも驚き の仕掛けだった。千歳まで来たからにはと、R36をさらに走り、夕暮れのウトナイ湖を見、苫小牧へ。苫小牧駅前で折り返し、札幌に戻った。

札幌一番の繁華街、すすきのへ。ラーメン横丁の「華龍」で「コーンバター味噌ラーメン」を食べる。これで函館、釧路、旭川につづいて、札幌でもラーメンを食べたことになる。北海道の四大ラーメン制覇! すすきのの交差点が始発の市電を見、札幌駅前に戻り、駅北口の「東横イン」に泊まった。

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.228
    3月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周


    モトチャンプ 2021年5月号
    4月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    アンダー400 No.87
    3月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    房総編

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 短期集中連載「東日本大震災」

    まもなく10年目の3・11を迎えます。2011年3月11日に発生した「東日本大震災」の直後から、ぼくはいたたまれないような気持ちで、「地平線通信」に毎月のように書きました。それら一連の「東日本大震災」の関連原稿をお読みください。それを通して当時の状況が伝われば幸いです。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up