カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

10月16日

投稿日:2009年10月17日

6時、十勝川温泉「ホテル十勝川」の朝湯に入る。この朝湯の気持ちよさといったらない。7時朝食、7時30分出発。

今年一番の寒さとのことだが、強烈なパンチを食らう。出発時の気温は2度。それでも晴れているのでまだよかった。ところがやがて濃霧に突入。スズキDRーZ400Sで切り裂く霧はまるで氷のよう。電光掲示板は気温0度。DRのハンドルを握りながらガタガタ震えてしまう。R241で足寄へ。昨日もかなり立ち止まった「セイコーマート」でホットのカンコーヒーを買い、しばらくはそれを両手で握りしめていた。脳天に響くほど手がジンジンとしびれて痛む。もうここまでだと観念し、グローブを冬用に変えた。

足寄からさらにR241を行く。霧が晴れると雲ひとつない快晴で、前方には雪を抱いた阿寒の山々が見えた。足寄峠を越えて阿寒湖へ。湖畔に立ち、阿寒湖を見たあと、阿寒湖温泉のアイヌコタンを歩いた。10時、弟子屈に到着。気温は8度まで上がっている。やっと地獄のような寒さから解放された。体がまだ冬モードに入っていないので、よけいに寒さがこたえたのだ。弟子屈から美幌峠へ。北海道一の絶景峠からすばらしい風景を眺めた。眼下には屈斜路湖が広がり、その中には中島が浮かんでいる。対岸にはちょこんと頭を突き出した摩周岳が見える。左手には雪化粧をした斜里岳。スキーッと透き通った透明感あふれる風景。美幌峠を下ると屈斜路湖畔を走り、北海道遺産の摩周湖を展望台から見下ろし、弟子屈に戻った。

弟子屈からはR391で釧路湿原の東側を通り、釧路の和商市場に直行。名物の勝手丼を食べたかったが、ここは北海道遺産優先で、「釧路ラーメン」にした。「カニ足ラーメン」を食べる。カニ足たっぷり、コーンたっぷり。釧路からはR44で根室へ。その途中では北海道遺産の霧多布湿原に立ち寄り、湿原の木道を歩いたが、すでにすべてが枯れた冬景色になっていた。根室到着は16時30分。タタタタと音をたてるかのように夕日が落ちていく。時間との勝負で納沙布岬へ。日本本土最東端の納沙布岬に着いたときにはすでに夕暮れ。悲しくなるくらいに暗くなるのが早い。暗い海峡の向こうでは、北方領土の島の灯台の灯が点滅していた。納沙布岬から根室駅前に戻る。これをもって「北海道一周」の第1ステージ、「函館→根室編」終了。

「函館→根室」は1340キロだった。すぐさま第2ステージ「根室→稚内編」をスタートさせる。R44で厚床まで戻り、そこからR244を北上。野付温泉「うたせ屋」に泊まった。今日の走行距離は585キロ。東京・日本橋を出発して以来、最高。「うたせ屋」の源泉かけ流しの湯にどっぷりつかりながら「函館→根室編」を終えた喜び、1日585キロを走った達成感にひたるのだった。

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年8月号
    7月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up