カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

10月15日

投稿日:2009年10月16日

7時、新冠の民宿の朝食。サケの塩焼きと筋子つき。8時出発。新冠の海を見たあと、国道沿いの道の駅へ。その名も「サラブレッドロード新冠」。名馬、ハイセイコーの像が建っている。

新冠からR235で浦河へ。途中の静内では北海道遺産に指定されている「静内三十三間道路の桜並木」に行った。桜の季節にはほど遠かったが、道路沿いの秋桜のコスモスも花の季節はほとんど終わっていた。浦河からはR236で十勝に向かう。2車線のハイウェイが日高山脈に向かって延びている。全長4232メートルの野塚トンネルで日高山脈を越えていくが、このトンネルは北海道最長。十勝に下っていくと大平原が目の前に広がっている。その中をスズキDRーZ400Sで走る気分は最高。やっぱり北海道はバイクで走るに限る。

広尾、大樹、中札内と通り、帯広へ。帯広からはR241で北へ。上士幌からR235で三国峠に向かっていく。糠平温泉のある糠平周辺の「旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋梁群」が北海道遺産になっている。いくつかの橋梁があるが、何といってもタウシュベツ橋梁がいい。ところがタウシュベツ橋梁はダム湖の糠平湖に水没し、まったく見えない。仕方なくその代わりに「三ノ沢橋梁」を見た。上士幌に戻ると、さきほとのR241で足寄へ。町中の「セイコーマート」でハンバーガーの遅い昼食を食べ、その先のラワンまで行く。この一帯のラワンブキが北海道遺産。傘にもなるかのような日本一の大きさのブキ。だがこの季節、ほとんどが倒れ、枯れる寸前だった。

足寄に戻るとR242で本別から池田へ。そこから夕暮れの十勝の平原を突っ走り、モール温泉で知られる十勝川温泉へ。「ホテル十勝川」に飛び込みで行くと、宿泊OKなだけでなく、夕食も用意してくれるという。さっそく大浴場の湯につかる。モール泉特有の琥珀色の湯。このモール泉が北海道遺産になっている。湯から上がると、北海道遺産に乾杯。夕食には刺身やカキ鍋、茶碗蒸し、煮物、そしてサケの煮魚が出た。さすが北海道遺産の「サケ文化」。朝な夕なの膳に出た。夕食を食べ、明日のプランニングを終えるとモール泉の湯に入った。寝る前にも入った。ここは24時間入浴可。やわらかな肌ざわりの何とも気持ちのいい湯だ。さすが北海道遺産!

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.224
    11月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    関東編


    アンダー400 No.85
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・後編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up