カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

東北を走ろう

昭文社特別インタビュー「東北を見つめて」

東日本大震災から5年が経ちました。

ツーリングマップルの東北編を担当して20年以上、震災以降も14回、東北太平洋岸(鵜ノ子岬?尻屋崎)ツーリングを繰り返した賀曽利隆の特別インタビューが、昭文社のサイトで公開されています。

下記をクリックしてぜひご覧ください。

震災から5年 特別インタビュー
賀曽利隆「東北を見つめて」

頑張ってるぞ!東北!! ツーリング

2011年3月11日の東日本大震災、発災から2か月後の東北地方を賀曽利隆がリポートしました。







ツーリングシーズンは東北に進路を

  ツーリングシーズンには、ぜひ復興に向けて動き始めた東北へ。
 ということでカソリおすすめのスポットを紹介します。
 みなさん、東北に行きましょう、東北へ!

おすすめツーリングコース

 今年の『ツーリングマップル東北』(2011年版)のカソリのおすすめコースは次の5ルートです。
 5本目の「浜通り」は今回の大津波と原発事故のダブルパンチで大きな被害を出したところなので、それはまたということにして、コース1からコース4までの見所を写真で紹介しましょう。
 各コース名をクリックしてみてください。

1、十和田湖コース 青森→大館
青森を出発点に八甲田山から奥入瀬渓流、十和田湖を通って大館へ。北東北のゴールデンルートのR103を行き、傘松峠、発荷峠と越えていく。
2、男鹿半島コース 秋田→秋田
秋田から海沿いの県道56号で男鹿半島に入っていく。そのまま時計回りで男鹿半島を一周。最北端の入道崎の灯台には登れる。最後に寒風山の大展望を楽しんで秋田に戻る。
3、R457コース 白石→一関
奥羽山脈の山裾を走るR457はR4の迂回路になるし、絶好のツーリングルート。起点の白石から終点の一関まで1本の国道を追ってみると、きっと新たな発見がある。
4、羽州街道コース 福島→山形
福島からR4で桑折へ。桑折の町中が奥州街道と羽州街道の追分。そこから羽州街道で小坂峠を越えて宮城県に入り、金山峠を越えて山形県に入る。
5、浜通りコース  いわき→相馬
東北最南の岬、鵜ノ子岬から福島県の太平洋岸の浜通りを北上。絶好の岬めぐりルート。いわき市内には岬が連続する。最後は相馬の鵜ノ尾岬だ。

 東北には、まだまだたくさんの見所があります。下記のスポットもぜひともチェックしてください。
 内容は取材時のものです。また、震災の影響も考えられますので、ご考慮ください。

カソリング編集部
kasoring@kasoring.com

奥の細道人気スポット・ベスト20

東北人気スポット・ベスト10

歴史ある温泉・ベスト30

峠・ベスト10

中央分水嶺の峠越え

名瀑・ベスト30

名水・ベスト20

郷土料理・ベスト30

東北100食 食べ歩き  Part1

東北100食 食べ歩き  Part2

東北100食 食べ歩き  Part3

東北100食 食べ歩き  Part4

東北100食 食べ歩き  Part5

神社仏閣・ベスト30

名城・ベスト10

名物料理  青森編

名物料理  岩手編

フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログをチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。

パリダカを二輪と四輪でともに完走、パリダカのカメラマンとしても著名なフォトジャーナリスト山田周生さんが、東北で支援活動を行っています。連日ブログで現地の様子を報告しています。


  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税