カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道編

紀行文の最高傑作!「奥の細道」をたどる

IMG_9713_small

「60代編日本一周・第2部」の「巡礼編」にひきつづいて、2009年8月13日から9月9日までの26日間は「奥の細道編」。スズキST250で芭蕉の「奥の細道」を走った。全行程8642キロ。

「奥の細道」は日本人の書いた紀行文の中では最高傑作といっていいもので、いままでに何度も読んでいるが、その文庫本を片手にスズキST250Eを走らせたのだ。「奥の細道」にちなんだポイントはいままでに各地で訪れているが、通してまわるのは今回が初めてのことになるので、その高揚感にはたまらないものがあった

カソリの奥の細道紀行





 出発点は東京・日本橋。まずは芭蕉の旧居(芭蕉庵)跡に行く。深川・森下の小名木川にかかる万年橋たもとにあるが、今ではそこには「芭蕉稲荷神社」がまつられている。

 すぐ近くの隅田川の河畔には「芭蕉庵史跡庭園」があり、芭蕉の坐像が建っている。墨田川と小名木川の合流地点で、そこからの眺めはすばらしい。隅田川の上流側には新大橋、下流側には清洲橋がかかっている。

 次に清澄通りを門前仲町方向に走り、仙台堀川にかかる海辺橋を渡ったところにある「採茶庵」跡に行く。そこは芭蕉の旅立ちの地。芭蕉像が建っている。

 芭蕉は1689年(元禄2年)3月27日(現在の暦では5月16日)、弟子の曽良を伴って「奥の細道」に旅立った。

 深川から船で千住に渡った。千住からは奥州街道を北へ。草加、越谷と通り、第1夜目は粕壁(春日部)で泊まっている。

 白河関を越えて関東から東北に入っていく。奥州街道(現R294)の白坂宿からわざわざ白河関跡に立ち寄り、古代東山道の旗宿で泊まるあたりは、さすが芭蕉といったところだ。

 西行を慕い、好奇心旺盛で、日本の歴史にも強い興味を抱いていた芭蕉像というものがじつによく伝わってくる。

 白河関跡には芭蕉の記念碑が建っているが、それには『おくのほそ道』の一文が彫り刻まれている。
「心もとなき日数を重ねるままに、白河の関にかかりて旅心定まりぬ。…」

 その当時、白河を越えてみちのくを旅するのはかなりの難行苦行。芭蕉はあえてその世界に飛び込んでいった。今でいえば世界の荒野を求めて旅立つ冒険家のようなものだ。

 そんな芭蕉は白河の関を越えて、「さー、東北を旅しよう!」と心が定まったのだ。

 東北に入った芭蕉は白河からさらに奥州街道を北へ。今でいえば国道4号だ。

 矢吹→須賀川→郡山→二本松→福島→白石→岩沼と通って仙台へ。そこから塩釜、松島、石巻経由で一関へ。奥州(陸奥)編では一番北は平泉まで行っている。

 一関から岩出山まで南下し、鳴子温泉へ。

 芭蕉はきっと温泉が好きだったのに違いない。那須では那須湯本温泉に立ち寄ってるし、福島では飯坂温泉に立ち寄っている。鳴子温泉の湯にもきっと入ったことだろう。そして尿前の関から奥羽山脈の中山峠を越えて羽州(出羽)に入っていった。

 山寺(立石寺)に参拝し、最上川の船に乗り、酒田から日本海側を北上。

 羽州(出羽)編の一番北は象潟(秋田)だ。

 当時の象潟は文字通りの潟だった。松島に負けず劣らずの絶景の地だった。

「南に鳥海、天をささへ、その影映りて江にあり。西はむやむやの関、道を限り、東に堤を築きて、秋田に通う道遥かに、海北にかまえて、波うち入るる所を汐越といふ。江の縦横一里ばかり。俤(おもかげ)松島に通いて、また異なり。松島は笑うがごとく、象潟は憾むがごとし。寂しさに悲しみを加えて、地勢魂を悩ますに似たり」

 象潟を描いたこの一文は『おくのほそ道』のクライマックスシーンといってもいい。

 その象潟も1804年(文化元年)の大地震で隆起し、潟は消えた…。

 芭蕉はもっともっと東北の旅をきっとつづけたかったのだ。秋田から青森を目指したかったのに違いない。もしかしたら津軽海峡を渡って蝦夷の地まで行きたかったのかもしれない。だが、象潟で断念し、酒田に戻っていく…。

 酒田からは急ぎ足で日本海を南下し、越後路を通りぬけ、北陸の金沢→福井→敦賀からゴールの大垣へ。そこには「奥の細道むすびの地」碑とともに芭蕉像が建っている。

 芭蕉はさらに伊勢神宮の式年遷宮を参拝するために伊勢に向かっていく。長島までは船で、そこからは参宮街道を歩いていった。芭蕉の生まれ故郷は伊賀・上野。伊勢への途中では故郷に立ち寄った。

 そんな「奥の細道」をST250で走ったのだ。

アルバム

IMG_8950_smallIMG_8951_small

東京・日本橋を出発
深川・森下の芭蕉庵跡


IMG_0893_smallIMG_0921_small

国道4号を北へ
千住大橋


IMG_9840_smallIMG_0963_small

草加宿の松並木
室の八島の大神神社


IMG_9039_smallIMG_9048_small

明神峠を越えて東北へ
白河関跡の芭蕉像


IMG_9073_smallIMG_9094_small

須賀川の乙字ヶ滝
二本松の霞城跡


IMG_9097_smallIMG_9641_small

福島駅前の芭蕉&曽良像
多賀城跡


IMG_9172_smallIMG_9185_small

松島の風景
石巻の日和山公園から見下ろす旧北上川河口


IMG_9222_smallIMG_9248_small

一関街道・登米宿で
平泉・中尊寺の芭蕉像


IMG_9713_smallIMG_9772_small

山寺の芭蕉像
元合海の芭蕉&曽良像


IMG_9840_smallIMG_9866_small

月山へ
月山山頂の月山神社


IMG_9991_smallIMG_0555_small

象潟の芭蕉像
庄川河口


IMG_0675_smallIMG_0773_small

越前の一の宮、気比神宮の芭蕉像
大垣の結びの地に到着


IMG_0794_small

芭蕉の故郷、伊賀上野


  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税