カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[55日目]

投稿日:2017年10月13日

意識朦朧、温泉めぐり最大の危機

西部編 6日目(2007年1月15日)

 須坂温泉「古城荘」の朝湯に入り、ご飯、味噌汁、焼き魚、湯豆腐、半熟卵、サラダ、ヒジキ、オクラ、のり、漬物といった朝食を食べる。今朝も三杯飯だ。

 9時15分 須坂温泉「古城荘」を出発。須坂から松川沿いにさかのぼっていく。

 第1湯目は山田温泉。10時に到着したが、気温は氷点下5度。温泉街の中心にある共同浴場の「大湯」に入る。桃山風の風格のある建物で、入浴時間は6時から21時までと入りやすい。木の湯船。かなり熱い湯。体を動かさないようにして、じっと我慢して入った。

 第2湯目は松川渓谷温泉の「滝の湯」。石段を下った渓谷に露天風呂がある。男湯と女湯の間にある大露天風呂は混浴。

 第3湯目は五色温泉の「五色の湯」。渓流沿いの露天風呂は灰色がかった湯の色をしている。それが日が高くなると白濁の湯に変わる。「五色」の名前通り、湯の色が変化する五色温泉だ。ここでは佐久から車を飛ばしてきた「KYYさん」との3度目の出会い。夕方までは時間がとれるというので、一緒に温泉をめぐる。

 第4湯目は七味温泉。「牧泉館」は冬期休業で入れなかった。「紅葉館」は本日休業で入れなかった。3軒目の「渓山亭」には入れた。内風呂と露天風呂。白濁の湯につかりながらKYYさんとの湯の中談義。バイク談義でおおいに盛り上がった。

 第5湯目は松川渓谷最奥の奥山田温泉「レッドウッドイン」の湯。樹齢1650年という大木の木の湯船。湯上がりに飲んだここのコーヒーはうまかった。

 昼食のカップラーメンを食べたあとは、午後の部の温泉めぐりを開始。

 第6湯目は子安温泉。ここも濁り湯で、飲泉可。浴室内には湯気がもうもうとたちこめている。この頃から体の調子が悪くなり、湯から上がると「5分寝」をした。

 第7湯目は蕨温泉「ふれあいの湯」。内風呂は薄茶色の湯。露天風呂は絶景湯で、湯につかりながら北アルプスの連山を一望する。

 第8湯目はYOU遊ランド温泉「YOU遊ランド」の湯。ここの露天風呂もよかった。見上げる空には雲ひとつない。ここまでの8湯は高山村にある信州高山温泉郷の温泉だ。

 YOU遊ランド温泉を最後に「KYYさん」は佐久へと帰っていった。

 カソリ&クワハラの温泉めぐりはさらにつづく。冬のナイトランの温泉めぐり。強烈な寒さの中を行く。

 第9湯目はおぶせ温泉「あけびの湯」。大浴場のガラス越しに長野盆地の町明かりを見る。露天風呂は「五岳の湯」。「北信五岳」の見える露天風呂なのだろうが、夜の「五岳の湯」からは何も見えなかった。残念…。

 第10湯目は間山温泉「ぽんぽこの湯」。露天風呂からは長野盆地光の海が見えた。信州中野あたりの夜景のようだ。

 今日の最後は湯田中温泉郷。ところが…。

 この日は昼過ぎから体調が悪くなったが、湯田中温泉郷に向かう頃になるともう最悪。体は熱っぽく、ゾクゾクしてくる。気持ち悪くなるような眠気に襲われ、信号待ちのたびにうつらうつらした。そんな体にムチ打って走った。

 第11湯目は湯田中温泉の日帰り湯「楓の湯」。ここは長野電鉄の終点、湯田中駅にある駅舎温泉。湯に入るともう目をあけていられないほどで、半分、眠っていた。

 湯から上がると、駅前食堂で夕食。「焼肉定食」を頼んだが、むかむかして吐きそうになり、半分も食べられなかった。食事を食べられないだなんて…、こんなことは初めてだ。

 今晩の泊りは新湯田中温泉の温泉旅館「やすらぎ」。第12湯目の「宿湯」に入ったあとは意識も朦朧とするほど。桑原さんとの宴会もできない。布団に横になっても起きているのか、眠っているのか…、それさえもわからないような状態。「温泉めぐり日本一周」、最大の危機だ。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 須坂温泉「古城荘」
朝食 須坂温泉「古城荘」 ご飯、味噌汁、焼き魚、湯豆腐、半熟卵、サラダ、ヒジキ、オクラ、のり、漬物
9時15分 須坂温泉「古城荘」出発
465湯目 山田温泉「大湯」(300円)
466湯目 松川渓谷温泉「滝の湯」(500円)
467湯目 五色温泉「五色の湯」(500円)
「KYYさん」との出会い
468湯目 七味温泉「渓山亭」(800円)
469湯目 奥山田温泉「レッドウッドイン」(500円)
昼食 カップラーメン
470湯目 子安温泉「子安温泉」(500円)
471湯目 蕨温泉「ふれあいの湯」(300円)
472湯目 YOU遊ランド温泉「YOU遊ランド」(350円)
「KYYさん」との別れ
473湯目 おぶせ温泉「あけびの湯」(500円)
474湯目 間山温泉「ぽんぽこの湯」(250円)
475湯目 湯田中温泉「かえでの湯」(300円)
夕食 湯田中駅の駅前食堂 「焼肉定食」(1000円)
21時 新湯田中温泉「旅館やすらぎ」(1泊朝食7000円)到着
476湯目 新湯田中温泉「旅館やすらぎ」
本日の走行距離数 72キロ
本日の温泉入浴数 12湯

須坂温泉「古城荘」から見る北アルプスの山並み「古城荘」の朝湯に入る「古城荘」の朝食を食べる

須坂温泉「古城荘」から見る北アルプスの山並み 「古城荘」の朝湯に入る 「古城荘」の朝食を食べる

「古城荘」「古城荘」を出発山田温泉の共同浴場「大湯」

「古城荘」 「古城荘」を出発 山田温泉の共同浴場「大湯」

山田温泉の足湯山田温泉の雪景色山田温泉の温泉街を走る

山田温泉の足湯 山田温泉の雪景色 山田温泉の温泉街を走る

松川渓谷温泉「滝の湯」「滝の湯」の渓谷の露天風呂へ五色温泉「五色の湯」

松川渓谷温泉「滝の湯」 「滝の湯」の渓谷の露天風呂へ 五色温泉「五色の湯」

「五色の湯」の露天風呂七味温泉に到着七味温泉「紅葉館」は本日休業

「五色の湯」の露天風呂 七味温泉に到着 七味温泉「紅葉館」は本日休業

七味温泉「渓山亭」「渓山亭」の露天風呂に入る奥山田温泉に到着

七味温泉「渓山亭」 「渓山亭」の露天風呂に入る 奥山田温泉に到着

奥山田温泉からの眺め奥山田温泉「レッドウッドイン」「レッドウッドイン」の露天風呂に入る

奥山田温泉からの眺め 奥山田温泉「レッドウッドイン」 「レッドウッドイン」の露天風呂に入る

奥山田温泉で昼食雪上でカップラーメンを作る桑原さん、KYYさんとのカップラーメンの昼食

奥山田温泉で昼食 雪上でカップラーメンを作る 桑原さん、KYYさんとのカップラーメンの昼食

奥山田温泉の道、この先は冬期通行止蕨温泉「ふれあいの湯」への道「ふれあいの湯」

奥山田温泉の道、この先は冬期通行止 蕨温泉「ふれあいの湯」への道 「ふれあいの湯」

YOU遊ランド温泉「YOU遊ランド」おぶせ温泉「あけびの湯」間山温泉「ぽんぽこの湯」の狸

YOU遊ランド温泉「YOU遊ランド」 おぶせ温泉「あけびの湯」 間山温泉「ぽんぽこの湯」の狸

湯田中温泉「かえでの湯」湯田中駅の駅前食堂の「焼肉定食」

湯田中温泉「かえでの湯」 湯田中駅の駅前食堂の「焼肉定食」  

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.67
    12月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    道志村


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up