カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[52日目]

投稿日:2017年9月28日

奥さんよりも温泉ですよ

西部編 3日目(2007年1月12日)

 前橋駅前の「東横イン」のおにぎり&味噌汁の朝食を食べ、9時に出発。前橋を拠点にして「群馬県の温泉」をめぐる。これらは「関東編」のときにまわれなかった温泉だ。

 前橋から国道17号を北へ。

 第1湯目は前橋温泉の日帰り湯「クア・イ・テルメ」。場所がわからずにてこずったが、群馬大学の近くにある病院風の建物。それもそのはずで、病院に併設された温泉なのだ。病院が主で温泉が従といった感じ。入浴料は650円だが、受付で問診表を書き込むと600円になる。「クア・イ・テルメ」の「イ」は「医」なのだろう。ここでは3泊4日の湯治ができるし、大浴場の各湯船も温泉での療養を考えてつくられている。

 第2湯目は吉岡温泉「リバートピア吉岡」の湯。ここからは正面に榛名山、右手には上越国境の雪山を見る。背後には赤城山。整った温泉施設の茶色っぽい色つき湯に入った。

 第3湯目は渋川温泉「スカイテルメ渋川」の湯。露天風呂の湯につかりながら正面の赤城山を見る。湯から上がると昼食。「わっぱ寿司膳」を食べた。

 渋川から関越道で昭和村へ。

 昭和ICで関越道を降りると、あたりは一面の雪景色。だが道路には雪はない。青空と雪原の対比が色鮮やかだ。

 第4湯目は昭和温泉の日帰り湯「昭和の湯」。大浴場と露天風呂。湯から上がると大広間で休憩。舞台では地元のみなさんがカラオケで熱唱中。年配の人の歌う「湯の町エレジー」に胸をジーンとさせていると、オバラッチは「そんな歌、知らないなあ」といって、ぼくとの年の差を強調する。知ってるくせに…。「オバラッチ」との2人旅。冗談をいいあい、軽口をたたきあいながらの楽しい温泉旅がつづく。

 沼田からは第5湯目の桜川温泉へ。正面には雪で真っ白な武尊山(2156m)が見える。桜川温泉では「ふじやまの湯」に入った。内風呂の2つの湯船の間には大岩が置かれ、そこから湯が流れ出ている。湯量豊富。湯から上がると、近くの雪原で雪を蹴散らしてDJEBEL250XCを走らせた。これから向かう信州、北陸での雪道走行の肩慣らしといったところだ。

 沼田に戻ると、今度は国道145号で雪とアイスバーンの中山峠を越え、高山村へ。

 第6湯目は高山温泉の日帰り湯「ふれあいプラザ」の湯。大浴場と露天風呂。日暮れの身を切られるような冷たい外気にふれながら露天風呂の湯につかる。ここには先客が2人いた。若い2人で会社の先輩、後輩のようだ。後輩は人生相談をしているのだ。後輩は奥さんから離婚話を切り出され、深刻な顔つき。それに対して先輩は「なあ、お前、時にはこうやって温泉にでもつかって気分転換するのが一番いいんだ。そうすればいい方に、いい方にと考えられるようになるものだ」とじつに適切なアドバイスをしている。思わずカソリ、「そうですよ、奥さんよりも温泉ですよ!」と口をはさみたくなってしまった。

 第7湯目は新中之条温泉の日帰り湯「観音の湯」。ここではホンダのテストライダーをしていたという人に会った。CB450の開発にもかかわったという。この温泉でのいろいろな人たちとの出会いがいい。「観音の湯」から上がると、中之条から国道353号で渋川へ。渋川からは国道17号で前橋に戻った。

 最後は前橋周辺の温泉めぐり。

 第8湯目は前橋荻窪温泉「あいのやまの湯」。大浴場と露天風呂はともに塩分を含んだ湯。湯につかりながら前橋の夜景を遠望した。

 第9湯目は粕川温泉「元気ランド」の湯。夜間割引で入浴料は300円。それもあってワサワサ混み合っていた。大浴場と露天風呂に入り、湯から上がると夕食。「元祖前橋とん汁定食」を食べた。

 第10湯目は天ノ川温泉「七福の湯」。ここを最後に前橋駅前に戻り、「東横イン」に連泊。オバラッチとの連夜の宴会。「東横イン」の自販機のカンビールをガンガン飲んだ。ほんとうによくやるよ、カソリ&オバラッチは!

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝食 「東横イン前橋駅前」 おにぎり、味噌汁
9時00分 「東横イン前橋駅前」を出発
439湯目 前橋温泉「クワ・イ・テルメ」(600円)※受付で問診表を書くと50円引きになる
440湯目 吉岡温泉「リバートピア吉岡」(300円)
441湯目 渋川温泉「スカイテルメ渋川」(500円)
昼食 渋川温泉「スカイテルメ渋川」 「わっぱ寿司膳」(980円)
442湯目 昭和温泉「昭和の湯」(500円)
443湯目 桜川温泉「ふじやまの湯」(500円)
444湯目 高山温泉「ふれあいプラザ」(500円)
445湯目 新中之条温泉「観音の湯」(400円)
446湯目 前橋荻窪温泉「あいのやまの湯」(500円)
447湯目 粕川温泉「元気ランド」(300円)※夜間割引
夕食 粕川温泉「元気ランド」 「元祖前橋とん汁定食」(790円)
448湯目 天の川温泉「七福の湯」(600円)
22時45分 前橋「東横イン前橋駅前」(1泊朝食6510円)
本日の走行距離数 162キロ
日の温泉入浴数 10湯

「東横イン」の朝食「東横イン」を出発前橋温泉「クワ・イ・テルメ」

「東横イン」の朝食 「東横イン」を出発 前橋温泉「クワ・イ・テルメ」

吉岡温泉「リバートピア吉岡」「リバートピア吉岡」から見る榛名山渋川温泉「スカイテルメ渋川」

吉岡温泉「リバートピア吉岡」 「リバートピア吉岡」から見る榛名山 渋川温泉「スカイテルメ渋川」

「スカイテルメ渋川」から見る赤城山「スカイテルメ渋川」の湯に入る「スカイテルメ渋川」の「わっぱ寿司膳」

「スカイテルメ渋川」から見る赤城山 「スカイテルメ渋川」の湯に入る 「スカイテルメ渋川」の「わっぱ寿司膳」

昭和温泉「昭和の湯」「昭和の湯」の大広間川場村の雪景色

昭和温泉「昭和の湯」 「昭和の湯」の大広間 川場村の雪景色

桜川温泉「ふじやまの湯」高山村の雪景色高山温泉「ふれあいプラザ」

桜川温泉「ふじやまの湯」 高山村の雪景色 高山温泉「ふれあいプラザ」

「ふれあいプラザ」の湯新中之条温泉「観音の湯」「観音の湯」の観音像

「ふれあいプラザ」の湯 新中之条温泉「観音の湯」 「観音の湯」の観音像

前橋荻窪温泉「あいのやまの湯」粕川温泉「元気ランド」の大広間「元気ランド」の「元祖前橋とん汁定食」

前橋荻窪温泉「あいのやまの湯」 粕川温泉「元気ランド」の大広間 「元気ランド」の「元祖前橋とん汁定食」

天の川温泉「七福の湯」

天の川温泉「七福の湯」    

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.67
    12月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    道志村


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up