カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[37日目]

投稿日:2017年8月4日

御嶽を眺める

甲信編 13日目(2006年12月13日)

 きそふくしま温泉「つたやグランドホテル」の朝湯に入り、湯豆腐、サラダ、塩ジャケ、とろろ、きんぴら、キノコ、ご飯、味噌汁の朝食を食べ、8時に出発。

 木曽福島から再度、国道361号で地蔵峠、九蔵峠を越え、長野・岐阜県境の長峰峠へ。思ったほどの雪もなく、雪との格闘もなく、長峰峠に到着した。

 長峰峠の「峠返し」で折り返し、前日も走った県道20号を南下する。

 第1湯目は御嶽明神温泉の日帰り湯「やまゆり荘」の湯。前日は定休日で入れなかった温泉。大浴場の湯にゆったりまったりつかる。浴室のガラス越しに御嶽を見る。露天風呂には湯が張ってなかった。ここの外気温の低さからいったら仕方ないことか。

 次の鹿の瀬温泉は休業中で入れず。

 その次の大滝温泉「うしげの湯」は定休日で入れず。「うしげの湯」の隣のそば処「さくら」で昼食。「さくら定食」を食べる。ご飯と小鉢、コロッケとメンチカツにそばがついている。つづいて御岳温泉「大滝の湯」に行ったが、「本日、休業」で入れない。営業しているのは金曜日から日曜日までの週4日。今日は水曜日だ。

 第2湯目は釜沼温泉の一軒宿「大喜泉」。入浴を頼むと、女将さんは「カソリさん、お元気そうで」といって久しぶりの再会を喜んでくれた。ここはなつかしの温泉。ご主人の田口修さんは会合に出かけているとのことで、残念ながら会えなかった。さっそく「大喜泉」の湯に入る。木曽檜の湯船。洗い場もすべて木曽檜だ。にごり湯の湯につかっていると、「大喜泉」に初めてきたときのことが鮮明に思い出されてくる。もう10何年も前のことになるが、雪にさんざん痛めつけられながら、冬の「峠越え」をしているときに泊まった温泉宿。飛び込み同然で泊まったのにもかかわらず、たいそうなご馳走をしてもらった。ご主人はバイク大好きな方で、夕食後は「バイク談義」に花を咲かせた。それが縁で、その後、何度か「大喜泉」に泊まった。夫婦で行って泊まったこともある。そのたびに田口夫妻にはよくしてもらった。

 木曽福島に戻ると、JR中央本線の木曽福島駅に近い代山温泉「木曽宿」に行く。昨日は休業中で入れなかったが、今日は入れた。木枠の湯船。薄茶色の湯。源泉100パーセントの湯だ。

 木曽福島からは国道19号を南下する。前日にひきつづいて雨が降ってきた。雪にならないだけましだ。

 灰沢温泉は本日休業で入れず。

 鹿の湯温泉は今夜の宴会の用意があるとのことで入浴のみは不可。

 第4湯目は安寺温泉「恋路の湯」。大浴場と大露天風呂。湯につかりながら木曽の山々を眺める。入浴客は自分一人。大広間も自分一人。大の字になって「5分寝」をした。つづいて柿其温泉に行ったが、休業中で入れなかった。

 国道19号から国道256号に入り、清内路峠に向かっていく。

 第5湯目はあららぎ温泉「湯元館」の湯。高野槇の木の湯船がすごくいい。ツルツルの湯。湯から上がると夕食。イワシのフライの「日替定食」を食べた。

 第6湯目は南木曽温泉「木曽路館」の湯。大浴場と大露天風呂。大樽風呂もある。ここでは湯上りにバニラアイスを食べた。

 清内路峠に近い滝見温泉は休業中で入れなかった。

 清内路峠の「峠返し」で折り返し、「木曽高速」といわれるほどの国道19号に出ると長野・岐阜を北へ。疾走するトラック軍団にもまれて走り、木曽川河畔の一軒宿、桟温泉の「桟温泉旅館」に泊まった。第7湯目の「宿湯」につかりながら、木曽川の対岸を疾走するトラック軍団の途切れることのない帯状のヘッドライトの明かりを眺めるのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 きそふくしま温泉「つたやグランドホテル」
朝食 きそふくしま温泉「つたやグランドホテル」 湯豆腐、サラダ、塩ジャケ、とろろ、きんぴら、キノコ、ご飯、味噌汁
8時 きそふくしま温泉「つたやグランドホテル」を出発
地蔵峠(峠越え)
九蔵峠(峠越え)
長峰峠(峠返し)
313湯目 御嶽明神温泉「やまゆり荘」(600円)
鹿の瀬温泉(休業中)
王滝温泉(定休日)
昼食 王滝温泉の「そば処さくら」 「さくら定食」(1000円)
御嶽温泉(入れず)
314湯目 釜沼温泉「大喜泉」(女将さんにタダで入らせてもらった)
315湯目 代山温泉「木曽宿」(500円)
灰沢温泉(入れず)
鹿の湯温泉(入れず)
316湯目 阿寺温泉「恋路の湯」(800円)
柿其温泉(入れず)
317湯目 あららぎ温泉「湯元館」(550円)
夕食 「湯元館」 「日替定食」(800円)イワシのフライ定食
318湯目 南木曽温泉「木曽路館」(700円)
滝見温泉(入れず)
清内路峠(峠返し)
国道19号の長野・岐阜県境(折り返し)
20時40分 桟温泉「桟温泉旅館」(1泊朝食7000円)
319湯目 桟温泉「桟温泉旅館」
本日の走行距離数 207キロ
本日の温泉入浴数 7湯

きそふくしま温泉「つたやグランドホテル」のかつての写真きそふくしま温泉「つたやグランドホテル」の朝食きそふくしま温泉「つたやグランドホテル」を出発

きそふくしま温泉「つたやグランドホテル」のかつての写真 きそふくしま温泉「つたやグランドホテル」の朝食 きそふくしま温泉「つたやグランドホテル」を出発

国道361号の新地蔵トンネル国道361号の九蔵峠から見る御岳国道361号の長峰峠

国道361号の新地蔵トンネル 国道361号の九蔵峠から見る御岳 国道361号の長峰峠

国道361号の長峰峠の「長峰峠茶屋」雪道の県道20号を行く御嶽明神温泉「やまゆり荘」

国道361号の長峰峠の「長峰峠茶屋」 雪道の県道20号を行く 御嶽明神温泉「やまゆり荘」

鹿の瀬温泉は休業中大滝温泉「うしげの湯」は本日休業大滝温泉のそば処「さくら」の「さくら定食」

鹿の瀬温泉は休業中 大滝温泉「うしげの湯」は本日休業 大滝温泉のそば処「さくら」の「さくら定食」

釜沼温泉「大喜泉」釜沼温泉「大喜泉」の湯阿寺温泉「恋路の湯」

釜沼温泉「大喜泉」 釜沼温泉「大喜泉」の湯 阿寺温泉「恋路の湯」

阿寺温泉「恋路の湯」の大浴場阿寺温泉「恋路の湯」の露天風呂あららぎ温泉「湯元館」

阿寺温泉「恋路の湯」の大浴場 阿寺温泉「恋路の湯」の露天風呂 あららぎ温泉「湯元館」

あららぎ温泉「湯元館」の湯あららぎ温泉「湯元館」の日替定食南木曽温泉「木曽路館」

あららぎ温泉「湯元館」の湯 あららぎ温泉「湯元館」の日替定食 南木曽温泉「木曽路館」

桟温泉「桟温泉旅館」に到着!

桟温泉「桟温泉旅館」に到着!    

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.67
    12月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    道志村


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up