カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[21]

投稿日:2017年7月13日

自宅、伊勢原周辺にも名湯がいっぱい

関東編 21日目(2006年11月21日)

 神奈川県伊勢原市の我が家を拠点にしての「温泉めぐり」を開始する。朝湯に入り、朝食を食べ、15分寝の朝寝をして出発。時間はいつもより遅い10時。でもこれで十分。温泉は早すぎても入れないからだ。

 まずは我が家周辺の温泉をめぐる。国道246号に出ると、伊勢原市と秦野市の境の善波峠に向かい、その手前の「桜坂」の交差点を左折。そこには「鶴巻温泉」の大きな看板が立っている。小田急線の鶴巻温泉駅へ。駅の北側に温泉街がある。

 第1湯目の鶴巻温泉には10時ジャストに到着。日帰り湯「弘法の里湯」には10時のオープンと同時に入った。大浴場の湯、東屋風露天風呂の湯と、「一番湯」を存分に楽しんだ。ここはいつも入りにくる温泉だが、ちょっと悔しいのは入浴料だ。市内者料金は600円だが、市外者料金は800円になる。我が家は伊勢原と秦野の市境から2キロも離れていないのだが…。

「弘法の里湯」の湯から上がると、いったん自宅に戻り、コーヒーを飲んでから第2湯目の大山温泉へ。ここまでは10分ほど。大山唯一の温泉「こまや旅館」の湯に入る。石造りの露天風呂。石の感触が気持ちいい。春に来たときは花見の湯だった。湯船には桜の花びらが浮かんでいた。第3湯目は伊勢原温泉「ニュー天野屋」の湯。「美肌の湯」で肌がつるつるする。ここもよく来る温泉で、近くの運動公園でサッカーボールを蹴って汗を流したあと入るのだ。

 第4湯目は七沢温泉「七沢荘」の湯。広い露天風呂に入り、湯から上がると「しし鍋」を食べた。濃厚な猪肉の味わい。野菜やキノコ、豆腐、こんにゃくなどを一緒に煮込む。味噌味の鍋。それに刺身の盛り合わせ、ヤマメの塩焼き、茶わん蒸しがついている。大山山麓の七沢温泉だが、この一帯では昔から猪猟がおこなわれ、「しし鍋」は名物料理になっている。

 第5湯目は広沢寺温泉「玉翠楼」の湯。入浴料金は1000円だが、次回は500円で入れるサービス券をくれた。日帰り入浴客が入れるのは露天風呂のみ。強アルカリ性の「不動の湯」には「美人湯」ならぬ「美男風呂」の碑が立っている。古風さの漂う温泉宿。すぐ隣りには曹洞宗の広沢寺がある。

 このあとかぶと湯温泉「山水楼」、別所温泉「元湯旅館」に行ったが、ともに入れなかったのは残念…。ここまでの丹沢東山麓の温泉群はどこもバイクを走らせれば、我が家から10分以内で行ける温泉だ。

 第6湯目は飯山温泉「元湯旅館」の湯。大浴場の「たぬきの湯」と露天風呂はじつに趣がある。ここの源泉は17・5度という冷泉だが、PH11・3という強アルカリ性。これほどの強アルカリ性の温泉は全国的にみてもきわめて稀だ。

 飯山温泉「元湯旅館」の湯から上がると飯山観音に参拝し、厚木に出た。厚木からは国道412号を北上し、中津川沿いの塩川温泉「観泉荘こまや」へ。ここも残念ながら「本日休日」。このように温泉というのは、そこに行けば入れるというものではない。それが「300日3000湯」の一番、難しいところだ。

 塩川温泉「観泉荘こまや」を後にすると国道412号→国道413号→県道518号→県道517号と走りつなぎ、第7湯目の藤野やまなみ温泉へ。その間では狭路の牧馬峠を越えた。日帰り湯「藤野やまなみ温泉」の大浴場と露天風呂に入り、湯から上がると大広間で夕食。「そば弁当」を食べた。そばに山菜おこわのおにぎりが2個ついている。

 第8湯目は藤野温泉「五感の里」の「薬師の湯」。大浴場と大露天風呂には誰もいない。怖くなるくらいで、自分一人で湯につかった。

 最後に別所温泉に戻り、「元湯旅館」の奥にある「別所の湯」に入った。ここは丹沢の清流を沸かした湯で温泉ではないが、ものすごく清涼感のある湯。湯上りにはヤクルトを飲んだ。ぼくは湯上りのヤクルトが好きだ。別所の湯は21時に終了。伊勢原の自宅に戻ったのは21時20分だった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝食 伊勢原の自宅
9時55分 伊勢原を出発
171湯目 鶴巻温泉「弘法の里湯」(800円)
172湯目 大山温泉「こまや旅館」(1050円)
173湯目 伊勢原温泉「ニュー天野屋」(800円)
174湯目 七沢温泉「七沢荘」(1000円)
昼食 七沢温泉「七沢荘」 「しし鍋」(3200円)
175湯目 広沢寺温泉「玉翠楼」(1000円)
かぶと湯温泉「山水楼」(定休日で入れず)
別所温泉「元湯旅館」(入れず)
176湯目 飯山温泉「元湯旅館」(1000円)
飯山観音
塩川温泉「観泉荘こまや」(定休日で入れず)
177湯 藤野やまなみ温泉「藤野やまなみ温泉」(600円)
夕食 藤野やまなみ温泉「藤野やまなみ温泉」 「そば弁当」(550円)
178湯目 藤野温泉「五感の里」(840円)
「別所の湯」(700円) ここは天然温泉ではない
21時20分 伊勢原 自宅泊まり
本日の走行距離数 118キロ
本日の温泉入浴数 8湯

小田急線の鶴巻温泉駅鶴巻温泉「弘法の里湯」鶴巻温泉「弘法の里湯」の内部

小田急線の鶴巻温泉駅 鶴巻温泉「弘法の里湯」 鶴巻温泉「弘法の里湯」の内部

大山に向かって走る!大山温泉「こまや旅館」大山温泉「こまや旅館」の露天風呂

大山に向かって走る! 大山温泉「こまや旅館」 大山温泉「こまや旅館」の露天風呂

大山温泉「こまや旅館」の露天風呂に入る大山温泉「こまや旅館」の休憩室伊勢原市のスポーツ公園から大山を見る

大山温泉「こまや旅館」の露天風呂に入る 大山温泉「こまや旅館」の休憩室 伊勢原市のスポーツ公園から大山を見る

伊勢原温泉「ニュー天野屋」七沢温泉「七沢荘」七沢温泉「七沢荘」の露天風呂

伊勢原温泉「ニュー天野屋」 七沢温泉「七沢荘」 七沢温泉「七沢荘」の露天風呂

七沢温泉「七沢荘」の「しし鍋」広沢寺温泉「玉翠楼」広沢寺温泉「玉翠楼」の玄関

七沢温泉「七沢荘」の「しし鍋」 広沢寺温泉「玉翠楼」 広沢寺温泉「玉翠楼」の玄関

広沢寺温泉「玉翠楼」の露天風呂広沢寺温泉の広沢寺かぶと湯温泉「山水楼」

広沢寺温泉「玉翠楼」の露天風呂 広沢寺温泉の広沢寺 かぶと湯温泉「山水楼」

別所温泉「元湯旅館」飯山温泉「元湯旅館」の大狸飯山温泉「元湯旅館」では大根を干していた

別所温泉「元湯旅館」 飯山温泉「元湯旅館」の大狸 飯山温泉「元湯旅館」では大根を干していた

飯山温泉「元湯旅館」の「たぬきの湯」飯山観音塩川温泉「観泉荘こまや」

飯山温泉「元湯旅館」の「たぬきの湯」 飯山観音 塩川温泉「観泉荘こまや」

狭路の牧馬峠を越える藤野やまなみ温泉の日帰り湯「藤野やまなみ温泉」「藤野やまなみ温泉」の大広間

狭路の牧馬峠を越える 藤野やまなみ温泉の日帰り湯「藤野やまなみ温泉」 「藤野やまなみ温泉」の大広間

「藤野やまなみ温泉」の「そば弁当」藤野温泉「五感の里」藤野温泉「五感の里」の「薬師の湯」

「藤野やまなみ温泉」の「そば弁当」 藤野温泉「五感の里」 藤野温泉「五感の里」の「薬師の湯」

今日最後の「別所の湯」

今日最後の「別所の湯」    

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税