カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[14日目]

投稿日:2017年7月2日

日光から鬼怒川流域へ

関東編 14日目(2006年11月14日)

 足尾の「亀村旅館」のご飯、納豆、半熟卵、のり、わさび漬け、漬物、味噌汁の朝食を食べて出発。

 足尾からは国道122号で細尾峠に向かう。けっこう緊張したが、ひやっとするような凍結箇所はなかった。峠を貫く日足トンネルを抜け、日光側に下った。

 国道122号から国道120号に入り、いろは坂を上って奥日光へ。華厳の滝を見たあと中善寺湖畔を走り、戦場ヶ原を走り抜け、湯滝を見て、湯ノ湖から金精峠を目指す。アイスバーンで登れなくなったら、その地点で引き返せばいい。観光バスはチェーンをカシャカシャいわせながら峠を登っていく。思ったほどの積雪もアイスバーンもなく、金精峠のトンネル入口まで走れた。

 金精峠の「峠返し」での温泉めぐりの開始。第1湯目は峠下の湯ノ湖畔の日光湯元温泉。温泉神社に参拝したあと、「ゆの香」、「湯元板屋」とまわったが入れず、「湯元旅館」の湯に入れた。内風呂はきれいな草色の湯。露天風呂は白濁の湯。日光湯元温泉は一面の雪景色。ここでは「湯乃湖荘」や「紫雲荘」に泊まったことがあるが、そんな思い出がよみがえってくる。一番最初にやってきた1970年代の頃には、無料湯の共同浴場があった。その湯がすごくよかった。

 第2湯目は光徳温泉「日光アストリアホテル」の湯。源泉かけ流しの内風呂と露天風呂。内風呂は草色の湯、露天風呂は白濁の湯。雪景色を見ながら露天風呂の湯につかった。硫黄泉の湯を楽しんだあと、館内のレストラン「モンテローザ」で昼食。「特製ビーフカレー」を食べた。

 第3湯目は中禅寺湖を目の前にする日光中禅寺温泉「湖上苑」の湯。

 第4湯目は日光和の代温泉の日帰り湯「やしおの湯」。日光市営の設備の整った温泉施設で野菜の直売所が併設されている。さすが日光、外国人の姿も見られた。入口の案内所の女性も流ちょうな英語を話している。広々とした大浴場は石の湯船。大岩を組み合わせた露天風呂がすごくいい。湯上りには果汁100パーセントのジュースを飲んだ。つづいて「ホテルナチュラルガーデン日光」の湯に入ったが、ここも日光和の代温泉だとのことで入浴数にはカウントしない。1温泉地1湯の「300日3000湯」。ここまでが金精峠の「峠返し」の温泉めぐりになる。

 日光から国道119号で今市へ。今市からは鬼怒川流域の温泉めぐりを開始する。

 第5湯目は国道461号沿いの東照温泉「旅籠 福田屋」の湯。ここは源泉かけ流し。内風呂にはもうもうと湯気がたちこめている。「九難除け神社」をまつる庭園に露天風呂がある。湯から上がると大広間で夕食。「刺身定食」を食べた。食べ終わったところで『温泉案内』(JTB)を見ながら、携帯(この頃になると、携帯でも電話できるようになった)で鬼怒川温泉と川治温泉の宿に次々に電話をかけたが、次々に断られた。

 そんなぼくの姿を見て、若い女性従業員が声をかけてくれた。
「宿を探しているんですか?」
「そうなんですよ。温泉宿に泊まりたいのですが。もうこんな時間だから、どこも泊めてくれないんですよ」
「これからでも泊めてくれそうな宿、女将さんに聞いてきますね」

 それからまもなく、「ここならきっと泊めてくれますよ」といって、かご岩温泉「かご岩温泉旅館」の電話番号を書いてある紙切れを持ってきてくれた。何ともありがたいことだった。

 夜の温泉めぐりの開始。宿が決まったので心に余裕を持ってまわれる。

 第6湯目の今市温泉「かたくりの湯」、第7湯目の川霧温泉「川霧の湯」に入り、20時10分、第8湯目のかご岩温泉「かご岩温泉旅館」に到着。すぐさま宿湯の露天風呂「観音風呂」へ。目の前を流れる鬼怒川のせせらぎを聞きながら、ゆったり気分で湯につかるのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝食 足尾「亀村旅館」ご飯、納豆、半熟卵、のり、わさび漬け、漬物、味噌汁
8時30分 足尾「亀村旅館」を出発
細尾峠(峠越え)
華厳の滝(エレベーター530円)
中禅寺湖
戦場ヶ原
湯滝
金精峠(峠返し)
111湯目 日光湯元温泉「湯元旅館」(530円)
112湯目 光徳温泉「日光アストリアホテル」(1000円)
昼食 光徳温泉「日光アストリアホテル」 「特製ビーフカレー」(1000円)
113湯目 日光中禅寺温泉「湖上苑」(700円)
114湯目 日光和の代温泉「やしおの湯」(500円)
軽食 日光和の代温泉「やしおの湯」 「ゆば」(300円)
日光和の代温泉「ホテルナチュラルガーデン日光」(500円)
115湯目 東照温泉「旅籠福田屋」(600円)
夕食 東照温泉「旅籠福田屋」 「刺身定食」(1300円)
116湯目 今市温泉「かたくりの湯」(300円)
117湯目 川霧温泉「川霧の湯」(500円)
20時 かご岩温泉「かご岩温泉旅館」(1泊朝食7500円)に到着
118湯目 かご岩温泉「かご岩温泉旅館」
本日の走行距離数 124キロ
本日の温泉入浴数 8湯

足尾「亀村旅館」の朝食足尾「亀村旅館」を出発わたらせ渓谷鉄道の足尾駅

足尾「亀村旅館」の朝食 足尾「亀村旅館」を出発 わたらせ渓谷鉄道の足尾駅

細尾峠の日足トンネル華厳の滝中禅寺湖

細尾峠の日足トンネル 華厳の滝 中禅寺湖

戦場ヶ原を行く戦場ヶ原から見る奥日光の山並み湯滝

戦場ヶ原を行く 戦場ヶ原から見る奥日光の山並み 湯滝

湯ノ湖金精峠の峠返し金精峠から見る男体山

湯ノ湖 金精峠の峠返し 金精峠から見る男体山

日光湯元温泉の湯元日光湯元温泉「湯元旅館」の内湯日光湯元温泉「湯元旅館」の露天風呂

日光湯元温泉の湯元 日光湯元温泉「湯元旅館」の内湯 日光湯元温泉「湯元旅館」の露天風呂

光徳温泉「日光アストリアホテル」光徳温泉「日光アストリアホテル」の「特製ビーフカレー」光徳温泉「日光アストリアホテル」の大浴場

光徳温泉「日光アストリアホテル」 光徳温泉「日光アストリアホテル」の「特製ビーフカレー」 光徳温泉「日光アストリアホテル」の大浴場

光徳温泉「日光アストリアホテル」の露天風呂光徳牧場日光中禅寺温泉「湖上苑」

光徳温泉「日光アストリアホテル」の露天風呂 光徳牧場 日光中禅寺温泉「湖上苑」

日光中禅寺温泉「湖上苑」の湯に入る日光和の代温泉「やしおの湯」日光和の代温泉「やしおの湯」の「ゆば」

日光中禅寺温泉「湖上苑」の湯に入る 日光和の代温泉「やしおの湯」 日光和の代温泉「やしおの湯」の「ゆば」

日光和の代温泉「ホテルナチュラルガーデン日光」の湯東照温泉「旅籠福田屋」の「刺身定食」東照温泉「旅籠福田屋」の大広間

日光和の代温泉「ホテルナチュラルガーデン日光」の湯 東照温泉「旅籠福田屋」の「刺身定食」 東照温泉「旅籠福田屋」の大広間

今市温泉「かたくりの湯」川霧温泉「川霧の湯」川霧温泉「川霧の湯」の露天風呂

今市温泉「かたくりの湯」 川霧温泉「川霧の湯」 川霧温泉「川霧の湯」の露天風呂

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照


    アンダー400 No.66
    10月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    番外編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up