カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[5日目]

投稿日:2017年6月16日

碓氷峠から伊香保温泉へ

関東編 5日目(2006年11月5日)

 妙義山麓の民宿「ゆうらく」の朝食を食べて出発。宿のご主人と女将さんが見送ってくれた。相棒のスズキGSR400を走らせ松井田へ。松井田からは国道18号で碓氷峠へ。碓氷峠への道は紅葉でまばゆいばかり。上州と信州との境の碓氷峠に着くと、「峠返し」で折り返し、峠を下った。

 碓氷峠下の「玉屋」で「峠の力餅」を食べる。「からみ餅」と「きなこ餅」、「ごま餅」があっったが、そのうちの「からみ餅」を食べた。やわらかな搗きたての餅がうまい。大根おろしをからめた餅だが、大根の辛みが何ともいえない。「玉屋」は創業200年。歴史を感じさせる味の「峠の力餅」だった。

 さあ〜、碓氷峠周辺の温泉めぐりの開始だ。

 第1湯目は国道18号から山中に入った霧積温泉。ここには2軒の宿があるが、「金湯館」の湯に入った。玄関では石油ストーブが青い炎を上げていた。宿の女将さんは「よくきましたねえ」と声をかけてくれた。すでに泊まり客は帰ったあとなので、浴室には誰もいない。湯量の豊富な温泉で、無色透明の湯が湯船からあふれ出ている。湯船に身を沈めると、「ザーッ」と盛大な音をたてて湯が流れ出す。「金湯館」は明治16年に建てられたときのままの木造2階建。当時はこの地に何軒もの宿があったという。

 第2湯目は碓氷峠下の坂本宿にある峠の湯温泉「峠の湯」。内風呂も露天風呂も広々として明るい。気分よく入れる湯だ。湯から上がると昼食。売店で「おぎのや」の「峠のかまめし」を買って食べた。

 第3湯目は妙義温泉「もみじの湯」。「上毛三山」の妙義山を間近に眺める温泉だ。内風呂と露天風呂。内風呂の方が温めの湯で長湯できる。露天風呂からは茫々と広がる関東平野を見下ろした。

 妙義温泉「もみじの湯」から上がると、妙義神社を参拝し、第4湯目の磯部温泉へ。ここは碓氷峠の「峠返し」で入る国道18号周辺では一番大きな温泉地。このあたりまで来ると、妙義山はすでに遠い。磯部温泉では日帰り湯の「恵みの湯」に入った。内風呂と露天風呂。広々とした露天風呂の石の湯船がよかった。湯から上がると大広間で「10分寝」。横になって数秒で深い眠りに落ちる。そして目覚ましをかけるわけでもなく、ぴったり10分後には目をさます。これはもうカソリの特技といっていい。

 磯部温泉のあとは吉ヶ谷温泉と湯沢温泉の2湯に行ったが、ともに入れず…。吉ヶ谷温泉は廃業湯、湯沢温泉では入浴のみはさせてもらえなかった。

 国道18号で高崎に出ると、高崎周辺の温泉めぐりを開始する。

 第5湯目の群馬温泉の日帰り湯「やすらぎの湯」に入る。内風呂も露天風呂も人、人、人…で混み合っていたが、ぼくはこのワサワサ感が嫌いではない。無味無臭の黄色っぽい湯。湯から上がると、大広間で夕食。「おきりこみセット」を食べたが、これが群馬県内で食べる第3食目の「おきりこみ」になる。「おきりこみ」に、ご飯と漬物、デザートの柿がついている。麺は幅広。

 第6湯目は総社温泉「せせらぎの湯」。JR上越線の群馬総社駅の近くにある一軒宿の温泉だ。入浴客はぼく一人。内風呂の白濁した、温めの湯にしばらくつかった。温めの湯で長湯するのは気持ちのいいものだ。

「せせらぎの湯」から上がり、群馬総社駅前に出たのは19時過ぎ。さー、宿探しだ。どこに泊まろうか…と考えたとき、パッとひらめいたのが伊香保温泉。駅前の公衆電話で電話帳を見ながら電話した。なんともラッキーなことに、最初の「白雲閣」で、朝食付きで泊めてもらえることになった。宿が決まると、急に元気が出るから不思議だ。

 伊香保温泉に着くと「北京飯店」で夜食の「たんめんライス」を食べた。いつもだったら「ラーメンライス」なのだが、きっと体が野菜を欲していたのだろう、「たんめん」を食べたくなった。人間の体というのは正直なものだ。

 第7湯目の伊香保温泉「白雲閣」に着くと、すぐに6階の大浴場の湯に入る。この「宿湯」の気持ちよさといったらない。と同時に心底、ホッとできる。湯から上がると部屋でカンビールをキューッと飲み干すのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝食 民宿「ゆうらく」
8時 宿を出発
碓氷峠(峠返し)
「峠の力餅」(350円) 「玉屋」
30湯目 霧積温泉「金湯館」(500円)
31湯目 峠の湯温泉「峠の湯」(500円)
昼食 峠の湯温泉「峠の湯」 「峠のかまめし」(900円)
32湯目 妙義温泉「もみじの湯」(500円)
妙義神社
33湯目 磯部温泉「恵みの湯」(500円)
吉ヶ谷温泉(廃業湯)
湯沢温泉(入れず)
34湯目 群馬温泉「やすらぎの湯」(600円)
夕食 群馬温泉「やすらぎの湯」 「おきりこみセット」(700円)
35湯目 総社温泉「せせらぎの湯」(500円)
夜食 伊香保温泉の「北京飯店」 「たんめん&ライス」(1000円)
20時 伊香保温泉「白雲閣」(1泊朝食6900円)に到着
36湯目 伊香保温泉「白雲閣」
本日の走行距離数 151キロ
本日の温泉入浴数 7湯

ご主人と女将さんに見送られて民宿「ゆうらく」を出発碓氷峠の紅葉碓氷峠に到達

ご主人と女将さんに見送られて民宿「ゆうらく」を出発 碓氷峠の紅葉 碓氷峠に到達

碓氷峠下の「玉屋」「玉屋」の「峠の力餅」霧積温泉への道

碓氷峠下の「玉屋」 「玉屋」の「峠の力餅」 霧積温泉への道

霧積温泉の紅葉霧積温泉「金湯館」を見下ろす霧積温泉「金湯館」

霧積温泉の紅葉 霧積温泉「金湯館」を見下ろす 霧積温泉「金湯館」

霧積温泉「金湯館」の湯中山道の坂本宿峠の湯温泉「峠の湯」

霧積温泉「金湯館」の湯 中山道の坂本宿 峠の湯温泉「峠の湯」

「おぎのや」の「峠のかまめし」を食べる妙義温泉「もみじの湯」妙義温泉「もみじの湯」から見る妙義山

「おぎのや」の「峠のかまめし」を食べる 妙義温泉「もみじの湯」 妙義温泉「もみじの湯」から見る妙義山

磯部温泉「恵みの湯」湯沢温泉群馬温泉「やすらぎの湯」

磯部温泉「恵みの湯」 湯沢温泉 群馬温泉「やすらぎの湯」

群馬温泉「やすらぎの湯」の「おきりこみ」総社温泉「せせらぎの湯」伊香保温泉の「北京飯店」

群馬温泉「やすらぎの湯」の「おきりこみ」 総社温泉「せせらぎの湯」 伊香保温泉の「北京飯店」

「北京飯店」の「たんめん」伊香保温泉「白雲閣」の湯

「北京飯店」の「たんめん」 伊香保温泉「白雲閣」の湯  

Comments

Comments are closed.

  • 日本一周中

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.186
    9月23日発売

    特集

    「生涯旅人」賀曽利隆

     ロングインタビュー


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセスできます

    PCと同じアドレスで、携帯からもアクセスできます。 このQRコードをご活用ください。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。