カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥州街道を行く! [23]

投稿日:2017年6月4日

60代編第2部終了

2009年10月28日

 スズキDR−Z400Sを走らせ大田原宿から宇都宮宿へ。この間は奥州街道をフォローするのが一番、難しい。現在の道でいうと県道48号→県道114号→県道74号→国道293号→県道125号を走らなくてはならないからだ。

 大田原は那須野の交通の要地で、現在でも何本もの道がこの町に集まっている。そのうちの1本、県道48号を南へ。町を出たあたりの左手には郷土富士の富士山。奥州街道沿いの地名には富士見がある。県道48号で箒川を渡ったところが佐久山宿。そこから県道48号→県道114号→県道74号で喜連川宿へ。ここには喜連川温泉がある。

 喜連川宿から次の氏家宿は国道293号で行けるが、氏家宿からがまた難しい。いったん国道4号に合流し、県道125号で右方向に入っていく。すると2キロほどで阿久津宿に到着。阿久津宿からは阿久津大橋で鬼怒川を渡り、白沢宿を通って宇都宮宿へ。旧奥州街道は宇都宮駅の駅前に出る。

大田原宿を出発奥州街道の佐久山宿奥州街道の喜連川宿

大田原宿を出発 奥州街道の佐久山宿 奥州街道の喜連川宿

奥州街道の氏家宿奥州街道の阿久津宿阿久津大橋で鬼怒川を渡る

奥州街道の氏家宿 奥州街道の阿久津宿 阿久津大橋で鬼怒川を渡る

奥州街道の白沢宿に入っていく

奥州街道の白沢宿に入っていく    

 宇都宮宿に到着すると、町の中心にある下野国の一宮、二荒山神社を参拝。ここから東京までは奥州街道と日光街道の重複区間になるが、旧奥州街道はほぼ現奥州街道の国道4号に沿っている。その間の栃木県内には雀の宮宿→石橋宿→小金井宿→新田宿→小山宿→間々田宿→野木宿とつづき、茨城県内には古河宿→中田宿、利根川を渡った埼玉県内には栗橋宿→幸手宿→杉戸宿→粕壁宿→大沢宿→越谷宿→草加宿、そして都内の千住宿へとつづく。

 宇都宮からは国道4号を一気に南下。栃木県から茨城県、埼玉県を走り抜けて東京都に入ったところで保木間温泉「保木間の湯じゃぽん」(入浴料850円)の湯に入った。そして最後の千住宿へ。千住宿の宿場町を走り抜け、2009年10月28日17時30分、東京・日本橋に到着した。青森駅前から736キロ。これをもって「60代編日本一周」第2部の終了だ。(了)

宇都宮の二荒山神社を参拝二荒山神社から見る宇都宮の中心街国道4号の旧道で古河宿を走り抜ける

宇都宮の二荒山神社を参拝 二荒山神社から見る宇都宮の中心街 国道4号の旧道で古河宿を走り抜ける

国道4号のバイパスで春日部を通過保木間温泉「保木間の湯じゃぽん」千住宿の北千住駅前

国道4号のバイパスで春日部を通過 保木間温泉「保木間の湯じゃぽん」 千住宿の北千住駅前

東京・日本橋に到着!

東京・日本橋に到着!    

Comments

Comments are closed.

Scroll Up