カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥州街道を行く! [21]

投稿日:2017年5月30日

奥州最南の宿場

2009年10月28日

 新白河駅前の「東横イン」の朝食を食べて出発。白河からは旧奥州街道の国道294号を行く。奥州街道も白河から東京までは「江戸五街道」になる。奥州街道の復路編も最後の行程だ。

 スズキのDR−Z400Sを走らせ、旧奥州街道の国道294号を南下。白河の市街地を走り抜け、国道289号との交差点を横切る。そこから5キロほど行くと白坂宿に着く。そこは奥州街道の奥州最南の宿場だ。

 白坂宿から1キロほど行くと福島・栃木県境の明神峠に到着。峠越えの区間は道幅が狭くなる。ここには境の明神がまつられている。奥州側には住吉神社、関東(下野)側には玉津島神社。両社が国境を境に隣りあっている。またここには「二所ヶ関址」碑もある。

新白河駅前の「東横イン」の朝食新白河駅前の「東横イン」を出発旧奥州街道の国道294号を南下

新白河駅前の「東横イン」の朝食 新白河駅前の「東横イン」を出発 旧奥州街道の国道294号を南下

奥州街道の奥州側最南の白坂宿奥州街道の関東と奥州の境の明神峠明神峠の住吉神社

奥州街道の奥州側最南の白坂宿 奥州街道の関東と奥州の境の明神峠 明神峠の住吉神社

 明神峠を栃木県側に下ると、国道294号の右手には復元された泉田の一里塚跡。その先には寄居宿の集落。寄居宿は奥州街道の関東側最北の宿場になる。

 芦野宿手前の国道294号の右手には西行ゆかりの「遊行柳」。芭蕉も「奥の細道」で訪れている。その奥には小さな祠の湯泉神社があるが、祠の前には「上の宮のイチョウ」で知られている大イチョウ。樹齢400年とのことだが、根回り6メートル、樹高は35メートルというとてつもない巨木だ。

「遊行柳」と「上の宮のイチョウ」を見たあと芦野宿に入っていった。

奥州街道の復元された泉田の一里塚奥州街道の関東側最北の寄居宿芦野の「遊行柳」

奥州街道の復元された泉田の一里塚 奥州街道の関東側最北の寄居宿 芦野の「遊行柳」

芦野の「上の宮のイチョウ」芦野の湯泉神社奥州街道の芦野宿に入っていく

芦野の「上の宮のイチョウ」 芦野の湯泉神社 奥州街道の芦野宿に入っていく

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税