カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥州街道を行く! [20]

投稿日:2017年5月28日

国道4号を一気に南下

2009年10月27日

 盛岡駅前の「東横イン」の朝食を食べて出発。スズキDR−Z400Sを走らせ、国道4号を南へ。盛岡以南の奥州街道の宿場は郡山宿→石鳥谷宿→花巻宿→黒沢尻宿→鬼柳宿→金崎宿→水沢宿→前沢宿そして一関宿へとつづくが、奥州街道の往路編でひとつづつの宿場をたどったので、復路編では国道4号を一気に南下する。

「盛岡→一関」間では、往路編にひきつづいて再度、平泉の中尊寺に立ち寄った。本堂を参拝し、金色堂、覆堂、芭蕉像、白山神社と見てまわった。

「東横イン」の朝食を食べて盛岡駅前を出発国道4号を南下し花巻を通過往路編にひきつづいて復路編でも中尊寺を再訪

「東横イン」の朝食を食べて盛岡駅前を出発 国道4号を南下し花巻を通過 往路編にひきつづいて復路編でも中尊寺を再訪

中尊寺の本堂を参拝中尊寺本堂脇の「菊花展」中尊寺の紅葉

中尊寺の本堂を参拝 中尊寺本堂脇の「菊花展」 中尊寺の紅葉

中尊寺の金色堂中尊寺の芭蕉像中尊寺の覆堂

中尊寺の金色堂 中尊寺の芭蕉像 中尊寺の覆堂

白山神社の鳥居白山神社の能楽殿白山神社に参拝

白山神社の鳥居 白山神社の能楽殿 白山神社に参拝

 国道4号で岩手県から宮城県に入った。

 宮城県内の奥州街道の宿場は本陣の残る有壁宿から金成宿→沢辺宿→城生野宿→下宮野宿→築館宿→高清水宿→荒谷宿→古川宿→吉岡宿→新町宿→七北田宿そして仙台宿へとつづくが、ここでも一関から仙台までは国道4号を一気に走った。

「一関→仙台」間では、古川の「もちべい」で「ずんだラーメン」と「ずんだ餅」のセット(840円)を食べた。

 古川からは国道4号のナイトラン。

 仙台に到着したのは18時45分。仙台からさらに国道4号を南下し、福島に向かった。仙台以南の奥州街道の宿場は長町宿→中田宿→増田宿→岩沼宿→槻木宿→船迫宿→大河原宿→金ヶ瀬宿→刈田の宮宿→白石宿→斎川宿→越川宿とつづくが、越川宿までが宮城県になる。福島県に入ると貝田宿→藤田宿→桑折宿→瀬の上宿と通り、福島宿に到着したのは20時30分。眠気覚ましにカンコーヒーを飲み、さらに福島から白河へとナイトランはつづく。

 福島以南の奥州街道の宿場は清水町宿→浅川新町宿→八丁の目宿→二本柳宿→油井宿→二本松宿→杉田宿→本宮宿→高倉宿→日和田宿→福原宿→郡山宿→小原田宿→日出山宿→笹川宿→須賀川宿→笠石宿→久来石宿→矢吹宿→中畑新田宿→大和久宿→踏瀬宿→大田川宿→小田川宿→根田宿、そして白河宿だ。

 白河宿に到着したのは22時30分。新白河駅前の「東横イン」に泊まった。まずはカンビールで奥州街道に乾杯。近くのコンビニで買ったポテトチップスをパリパリ食べながら2本目のカンビールを飲み、そのあとで「コンビニ弁当」の夜食を食べるのだった。

国道4号を南下し一関に到着国道4号を南下し宮城県に入る古川の「もちべい」の「ずんだラーメン」と「ずんだ餅」

国道4号を南下し一関に到着 国道4号を南下し宮城県に入る 古川の「もちべい」の「ずんだラーメン」と「ずんだ餅」

国道4号で仙台を通過国道4号で福島を通過

国道4号で仙台を通過 国道4号で福島を通過  


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税