カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥州街道を行く! [17]

投稿日:2017年5月22日

復路編を開始

2009年10月26日

「北海道遺産めぐり」の「北海道一周」を終え、函館に戻ってきたのは2009年10月25日のことだった。スズキDR−Z400Sで4070キロを走った。その夜は函館駅前の「東横イン」に泊まった。

 翌10月26日は函館の朝市を歩き、「どんぶり横丁」の「あけぼの食堂」で朝食。「トロサーモンいくら丼」(1260円)を食べた。

 函館の駅前を出発し、函館港のフェリー埠頭へ。7時45分発の青森港行き津軽海峡フェリーの「びなす」に乗船。11時15分に青森港に到着。青森港のフェリー埠頭から青森駅前に行き、そこを出発点にして、奥州街道の復路編を開始した。

函館駅前の「どんぶり横丁」を歩く「あけぼの食堂」の「トロサーモンいくら丼」津軽海峡フェリーの「びなす」に乗船

函館駅前の「どんぶり横丁」を歩く 「あけぼの食堂」の「トロサーモンいくら丼」 津軽海峡フェリーの「びなす」に乗船

函館港を出港青森港に到着

函館港を出港 青森港に到着  

 青森駅前から国道7号に出ると、東京方向へと走る。500メートルほど走ると左手に青森県庁があるが、その前が東北の2大幹線国道、国道4号と国道7号の終点になる。国道4号の起点は東京・日本橋で、国道7号の起点は新潟だ。この地に立つと、「国道4号、ここより始まる!」といった高揚した気分になる。

 国道の脇には「国道の碑」と「道路標石」が建っているが、「国道の碑」には次のように書かれている。

東京日本橋を起点とする国道四号と、新潟市を起点とする国道七号は、ここ青森市長島の地を終点としています。明治九年に国道指定されて以来、いにしえから、この地は多くの人や旅人が、そしてモノや情報が、東へ西へ南へ北へと忙しく行き交い、人々のくらしや産業、特色ある教育や文化を育んできました。(後略)

 その国道4号を左折して合浦公園に行く。「合浦」で「がっぽ」と読むが、ここは明治期にできた青森市を代表する公園。青森の桜の名所として知られている。白砂青松の海浜公園で、ここには600本の松がある。目の前の青森湾は波ひとつない静かな海。

 合浦公園からは海沿いの奥州街道に入り、松並木が残る野内宿を通り、国道4号に合流すると浅虫温泉へ。ここでは道の駅「浅虫温泉 ゆ〜さ浅虫」の展望風呂「はだか湯」に入った。湯につかりながら青森湾を一望できる絶景湯だ。

青森駅前を出発。奥州街道復路編の開始国道4号、ここより始まる!「国道の碑」と「道路標石」

青森駅前を出発。奥州街道復路編の開始 国道4号、ここより始まる! 「国道の碑」と「道路標石」

青森の合浦公園を歩く白砂青松の合浦公園青森湾を目の前にする合浦公園

青森の合浦公園を歩く 白砂青松の合浦公園 青森湾を目の前にする合浦公園

国道4号で浅虫温泉へ道の駅「浅虫温泉 ゆ〜さ浅虫」

国道4号で浅虫温泉へ 道の駅「浅虫温泉 ゆ〜さ浅虫」  

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税