カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥州街道を行く! [3]

投稿日:2017年4月21日

造り酒屋と宿場町

2009年10月10日~

 国道4号の旧道で埼玉県に入る。最初の宿場は草加宿。奥州街道(日光街道)名物「草加煎餅」の店を何軒も見る。綾瀬川沿いには松並木が残っている。越谷宿、大沢宿と通り、粕壁宿へ。粕壁宿は今の春日部だが、春日部駅周辺の中心街は「粕壁」で、当時の宿場名がそのまま地名として残っている。春日部を過ぎると、杉戸宿、幸手宿、栗橋宿の3宿を走り抜けていく。これらの3宿には江戸の昔を偲ぶかのような土蔵造りの建物が残っている。スズキDR−Z400Sを走らせながら見る旧街道の風情を楽しんだ。

 栗橋宿から「坂東太郎」の利根川を渡り、茨城県に入る。東京から栗橋宿までは旧国でいうと武蔵国だが、利根川を渡ると常陸国になる。栗橋は奥州街道の大きな境目なので関所が置かれたが、利根川の堤防の下に「栗橋関所跡」の碑が建っている。江戸時代はこの関所を通り抜けた船着場から渡し船で対岸に渡った。

 茨城県内には中田宿、古河宿の2宿があるが、古河の町並みを抜け出るともう栃木県。旧国名でいうと下野国に入る。

 栃木県内最初の野木宿では野木神社を参拝し、間々田宿ではJR間々田駅近くの食堂「小川屋」で「うな重」(1250円)を食べた。こうしてウナギを食べられるのも旧街道ならではのもので、昔の旅人たちがウナギを食べて元気をつけた名残といえる。間々田宿には造り酒屋の「若盛」があるが、この造り酒屋も旧街道を象徴している。旧街道の宿場町と造り酒屋は切り離せない関係にある。

草加宿の松並木国道4号で春日部を通過栗橋宿の「栗橋関所跡」の碑

▲草加宿の松並木 ▲国道4号で春日部を通過 ▲栗橋宿の「栗橋関所跡」の碑

国道4号で利根川を渡る国道4号で古河を通過間々田宿の食堂「小川屋」で「うな重」

▲国道4号で利根川を渡る ▲国道4号で古河を通過 ▲間々田宿の食堂「小川屋」で「うな重」

▲間々田宿の造り酒屋「若盛」

▲間々田宿の造り酒屋「若盛」    

 小山宿からは国道4号で新田宿、小金井宿、石橋宿、雀の宮宿を通り、宇都宮宿に到着。日本橋から107キロ。ここで奥州街道と日光街道が分岐する。

 宇都宮駅手前の交差点を左折し、県道125号で白沢宿に向かう。この道が旧奥州街道になる。東京から宇都宮まで奥州街道はほぼ国道4号に沿っているが、宇都宮から白河までは国道4号から大きく外れている。そのため「宇都宮→白河」間の奥州街道は、時代から取り残されたような区間になっている。そのため旧街道の風情が色濃く漂い、一里塚なども残り、宿場の家並みなどに昔のたたずまいが見られる。ということで「宇都宮→白河」間というのはじつに面白く、興味深く走れる区間なのだ。

 宇都宮宿から白沢宿、阿久津宿、氏家宿、喜連川宿、佐久山宿と通り、那須野原の中心の大田原宿へ。ここまでは県道125号→国道293号→県道114号→県道48号というルートになる。大田原はこの地方の交通の要地で、現在でも何本もの道がこの町に集まっている。

 大田原宿からは県道72号で鍋掛宿、越堀宿を通り芦野宿へ。芦野宿で国道294号に合流し寄居宿へ。ここが関東最後の宿場になる。寄居宿を過ぎると栃木・福島県境の明神峠に到達。いよいよ「みちのく」だ。峠には「境の明神」がまつられている。関東側に玉津島神社、奥州側には住吉神社。両社が国境を境にして隣りあっている。この奥州街道の峠には「二所ヶ関址」碑もある。

 明神峠を下ると白坂宿。さらに国道294号を行くと国道289号を横切って白河の中心街の白河宿に入っていく。

 趣のあるJR白河駅前でDR−Z400Sを止めたが、東京から白河宿までが「江戸五街道」の奥州街道になる。だが奥州街道はこの先、青森までが長い。
文章

宇都宮駅前の交差点。奥州街道は左折する大田原から奥州街道の県道72号を行く奥州街道の寺子の一里塚

▲宇都宮駅前の交差点。奥州街道は左折する ▲大田原から奥州街道の県道72号を行く ▲奥州街道の寺子の一里塚

奥州街道の国道294号で明神峠を越える奥州街道福島県側最初の宿場の白坂宿JR白河駅前に到着

▲奥州街道の国道294号で明神峠を越える ▲奥州街道福島県側最初の宿場の白坂宿 ▲JR白河駅前に到着


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税