カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

東北四端紀行[37]

投稿日:2017年4月7日

西端編 5 山形県西端へ移動

2009年9月10日~10月9日

津尻温泉「滝の湯」の朝湯に入る

津尻温泉「滝の湯」の朝湯に入る

 会津坂下の津尻温泉「滝の湯」の朝湯に入り、朝食を食べて出発。国道49号に出ると七折峠を越え、会津坂下ICで磐越道に入った。新潟へ。磐越道は会津坂下を過ぎると片側一車線の対面交通になるが、交通量が少なくなるので、スズキDR−Z400Sでの快適な高速走行だ。

「滝の湯」の滝を見る「滝の湯」の朝食「滝の湯」を出発

「滝の湯」の滝を見る 「滝の湯」の朝食 「滝の湯」を出発

会津坂下ICから磐越道に入る

会津坂下ICから磐越道に入る

日本海東北道の中条ICで高速を降りる

日本海東北道の中条ICで高速を降りる

 新潟中央JCTからは日本海東北道に入り、中条ICで高速を降りた

 中条からは日本海縦貫の国道7号を北上する。村上を過ぎ、三面川を渡ったところにある道の駅「朝日」でDRを停める。ここでは道の駅「朝日」内にあるまほろば温泉「まほろば」(入浴料500円)の湯に入った。

 つづいて葡萄峠を越えた勝木にある勝木ゆり花温泉「ゆり花会館」(入浴料350円)の湯に入った。大浴場と露天風呂。無色透明のやわらかな湯にどっぷりつかった。

 勝木ゆり花温泉の湯から上がると、意気揚々とした気分で新潟・山形県境に向かって走る。日本海に浮かぶ粟島が見える。前方には山形県側の弁天島が見えてくる。

まほろば温泉「まほろば」の湯に入る国道7号の葡萄峠勝木ゆり花温泉「ゆり花会館」の湯に入る

まほろば温泉「まほろば」の湯に入る 国道7号の葡萄峠 勝木ゆり花温泉「ゆり花会館」の湯に入る

国道7号から鼠ヶ関の弁天島を望む国道7号で新潟・山形の県境に向かう国道7号の新潟・山形の県境

国道7号から鼠ヶ関の弁天島を望む 国道7号で新潟・山形の県境に向かう 国道7号の新潟・山形の県境

 新潟・山形の県境に到着。中条ICからは73キロ、村上からは48キロの地点。ここが前回越えた新潟・福島県境の六十里越に次ぐ東北の西端になる。

 さー、東北西端紀行の第2弾目の開始だ。

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照


    アンダー400 No.66
    10月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    番外編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up