カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

東北四端紀行[33]

投稿日:2017年3月30日

西端編 1 えー!

2009年9月10日~10月9日

 東北の最西端は山形・新潟県境の鼠ヶ関だとばかり思っていた。鼠ヶ関には地つづきの弁天島があり、島の西端には灯台がある。ということで「西端編」では鼠ヶ関を目指すつもりでいた。
 ところが『ツーリングマップル東北』の東北全図をよく見てみると、なんとさらに西の東北エリアがあるではないか。

「えー!」
 と、思わず声を上げてしまったほどだ。

 その西端の東北エリアというのは、南端編でも紹介した奥会津の一帯だ。檜枝岐村や南会津町の一部になっている旧舘岩村、旧伊南村、旧南郷村、それと只見川沿いの只見町と金山町が鼠ヶ関よりも西になる。

 東北最西端というと福島・新潟県境の山並みだ。

 国道252号の福島・新潟県境の峠、六十里越のすぐ南には前毛猛山(1233m)から毛猛山(1517m)へと県境の山並みがつづいているが、さらにその南にある名無しの山が東北最西端。ここは東北四端の中では行くのが一番、難しい。

 バイクで行かれる最西端というと福島・新潟県境の六十里越になる。

 このあたりまでのことを『ツーリングマップル東北』で確認すると、六十里越を目指して東京を出発。そのあと鼠ヶ関に行くことにした。

関越道の新座料金所で

関越道の新座料金所で

 今回の相棒はニューカラーのスズキDR−Z400S。ホワイトの新車だ。

 東京から関越道で一路、小出ICへ。関越トンネルを抜けて新潟県に入ると、塩沢石打ICでいったん関越道を降り、上野温泉「名月荘」で泊まった。湯から上がると宿の夕食。魚野川産のアユの塩焼きを肴に飲む地酒の「鶴齢」はうまかった。

 翌朝、朝湯に入り、朝食を食べて出発。塩沢石打ICから小出ICへ。

 関越道の小出ICというのは、あまり知られていないが東北への玄関口なのである。

上野温泉「名月荘」の湯「名月荘」の夕食関越道の小出IC

上野温泉「名月荘」の湯 「名月荘」の夕食 関越道の小出IC

国道252号で新潟・福島県境の六十里越へ

国道252号で新潟・福島県境の六十里越へ

六十里越のトンネルを抜けて福島県に入る

六十里越のトンネルを抜けて福島県に入る

福島・新潟県境の山並みを見る

福島・新潟県境の山並みを見る

田子倉湖の右手に東北西端の山並みを見る

田子倉湖の右手に東北西端の山並みを見る

 小出ICから国道252号で六十里越を越えて福島県の只見へ、国道352号で枝折峠を越えて福島県の檜枝岐へと行ける。

 小出ICで関越道を降りると、国道17号経由で国道252号に入っていく。JR只見線に沿ったルート。最奥の集落、大白川を過ぎると、一気に山中に入り、県境の六十里越を目指して登っていく。やがて前方には新潟・福島県境の山並みが見えてくる。

 小出ICから42キロ走って六十里越に到着。日本でも有数の豪雪の峠で冬期閉鎖。長らくスノーシェルターなどの道路改修工事がおこなわれてきたが、ほぼ終了し、今では快適に走れるようになっている。

 六十里越のトンネルを抜け、福島県の只見町に入ったところでDRを停めた。そこがバイクで行ける東北の最西端。眼下には田子倉ダムによってできた田子倉湖が見える。湖岸の右手には前毛猛山、その南には毛猛山がつづき、さらにその南の山(名無し山)が東北最西端になる。

 六十里越のおすすめは、冬期閉鎖が解除された直後。残雪の美しさといったらない。ということで、冬期閉鎖解除直後(2010年5月8日)の写真も見てもらおう。なお六十里越の冬期閉鎖は雪の多い年だと5月下旬から6月上旬になることもある。

2010年5月8日撮影
残雪の六十里越田子倉湖の向こうには残雪の東北西端の山並み

残雪の六十里越 田子倉湖の向こうには残雪の東北西端の山並み


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税