カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

東北四端紀行[26]

投稿日:2017年3月16日

北端編 6 陸奥湾のシーサイドラン

2009年9月10日~10月9日

遠ざかっていく北海岬

遠ざかっていく北海岬

県道175号を行く

県道175号を行く

牛ノ首岬から見る鯛島

牛ノ首岬から見る鯛島

湯野川温泉「濃々園」の湯に入る

湯野川温泉「濃々園」の湯に入る

海上自衛隊大湊航空隊の入口に展示されている大型ヘリコプター

海上自衛隊大湊航空隊の入口に展示されている大型ヘリコプター

 下北半島南西端の北海岬を出発。行止りの集落、九艘泊から県道175号で脇野沢に戻る。その途中では、牛ノ首岬でスズキDR−Z400Sを停め、再度、鯛島を眺めた。

 鯛島には坂上田村麻呂と村娘の悲恋伝説が伝わるといったが、それは今から1200年前のことだ。蝦夷征伐のために脇野沢にやってきた征夷大将軍の坂上田村麻呂は、村の娘と恋に落ちた。娘は身ごもったが、田村麻呂は娘を置き去りにして都に帰ってしまう。娘は田村麻呂を恋しがって泣きつづけ、田村麻呂の子を産むと、自らの命を絶った。村人たちは娘を不憫に思い、亡骸をすこしでも都に近づけようと鯛島に埋めたという。その後、鯛島の周辺では船の難破がつづき、娘の霊の祟りだといい伝えられている。

 脇野沢からは国道338号を行く。交通量の少ない快適なシーサイドライン。川内まで来ると、県道46号で内陸の湯野川温泉へ。ここは古くからの湯治場。「濃々園」(入浴料350円)の湯に入ったが、内風呂も露天風呂もいい湯だ。

 川内からむつ市の中心部へ。

 下北半島の大半を占めるむつ市は2005年3月にむつ市と大畑町、川内町、脇野沢村が合併して今のむつ市になった。それ以前のむつ市はといえば、1959年に今のむつ市の中心部を成す大湊町と田名部町の2町が合併して誕生した。最初は大湊田名部市で、1年後には「むつ市」に変わった。

 そんなむつ市の大湊に入っていく。JR大湊線の終点、大湊駅のある大湊は、旧日本海軍の軍港だった。現在も海上自衛隊の主要な基地になっている。町を見下ろす釜臥山(878m)の山頂には巨大なレーダーがある。大湊から町つづきの田名部に入り、田名部からは国道279号を南下して野辺地に向かった。

国道279号の道の駅「よこはま」

国道279号の道の駅「よこはま」

 途中、横浜では道の駅「よこはま」で小休止。野辺地に近づいたところで陸奥湾を赤々と染めて夕日が落ちていく。国道279号沿いの「レストラン常夜灯」では名物の「ホタテ丼」(1000円)を食べた。野辺地からは国道4号で青森へ。青森駅前がゴール。駅近くのビジネスホテル「みちのく」で泊まった。青森からは、東北のもうひとつの北端の地、津軽半島に向かっていくのだ。

むつ湾に落ちていく夕日夕日に染まる八甲田の山々夕日を浴びるDR−Z400S

むつ湾に落ちていく夕日 夕日に染まる八甲田の山々 夕日を浴びるDR−Z400S

野辺地の「レストラン常夜灯」「レストラン常夜灯」の「ホタテ丼」青森駅前に到着

野辺地の「レストラン常夜灯」 「レストラン常夜灯」の「ホタテ丼」 青森駅前に到着


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税