カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

東北四端紀行[16]

投稿日:2017年2月22日

東端編 5 遠野探訪

2009年9月10日〜10月9日

釜石駅前を出発

釜石駅前を出発

両石漁港の入口。巨大な防潮堤と巨大な水門

両石漁港の入口。巨大な防潮堤と巨大な水門

JR山田線の大槌駅

JR山田線の大槌駅

大槌駅前の案内板

大槌駅前の案内板

 釜石駅前を出発し、国道45号を北へ。釜石市内の両石、鵜住居と通っていく。両石では巨大防潮堤の水門をくぐり抜けて漁港の岸壁でDR−Z400Sを停めた。それにしてもとてつもなく大きな両石の防潮堤だ。鵜住居ではJR山田線の鵜住居駅のホームに立ち、町並みを見下ろした。

 釜石市から大槌町に入ると、JR山田線の大槌駅で小休止。カンコーヒーを飲みながら駅前の案内板を見る。ぼくは駅前のこの案内板が好きでよく見る。

 大槌からは大槌街道で遠野まで行く。新山高原の新山牧場を過ぎると、ダート4・6キロの初神林道、ダート4・5キロの和山林道と、2本の林道を走る。そして国道340号に合流し、遠野の町中に入っていった。

 JR釜石線の遠野駅にやってくると、駅前の民宿「御伽屋」の食堂で昼食にする。「かつ丼」を食べたが、うまいかつ丼だった。

新山高原の案内板初神林道和山林道

新山高原の案内板 初神林道 和山林道

JR釜石線の遠野駅遠野駅前遠野駅前の民宿「御伽屋」の食堂で食べた「かつ丼」

JR釜石線の遠野駅 遠野駅前 遠野駅前の民宿「御伽屋」の食堂で食べた「かつ丼」

国道340号沿いの伝承園

国道340号沿いの伝承園

国道340号の立丸峠

国道340号の立丸峠

国道340号旧道の赤羽根峠

国道340号旧道の赤羽根峠

国道283号の角鼻展望台から見る遠野の市街地

国道283号の角鼻展望台から見る遠野の市街地

小友峠

小友峠

小友の巌龍神社

小友の巌龍神社

 遠野は四方をぐるりと山に囲まれた盆地の町。その中を猿ヶ石川が流れている。北上山地の最高峰の早池峰山(1917m)と、東の遠野小富士とも呼ばれる六角牛山(1294m)、それと西の石上山(1037m)の3山が「遠野三山」といわれている。昼食後は遠野盆地の峠を越えた。

 まずは国道340号を北へ。国道沿いの「伝承園」を見学する。ここにはおしら様千体をまつる「おしら堂」がある。さきほど走ってきた大槌街道との分岐点を過ぎ、一気に山中に入ると遠野市と川井村の境の立丸峠に到達。峠からは遠野市側の山並みが見える。ここで折り返し、遠野に戻った。

 次に遠野から国道340号を南下。「遠野三山」の六角牛山がよく見える。国道340号の旧道で峠へ。遠野市と住田町の境の赤羽根峠まで行き、峠上で折り返した。赤羽根峠は「義経の北行伝説」で知られている。

 遠野の中心街に戻ると、釜石街道の国道283号を西に走り、角鼻展望台から遠野の町並みを一望した。国道283号からは「遠野三山」の石上山がよく見える。国道396号との分岐を過ぎたところで国道283号を左折し、小友峠を越える。峠の周辺がダート。小友峠を越えて国道107号の小友まで下った。そこでは「岩手三景」の不動岩を見る。大岩の下には巌龍神社がまつられている。ここを最後に「遠野探訪」を終え、国道107号→国道283号で遠野に戻った。

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照


    アンダー400 No.66
    10月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    番外編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up