カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

東北四端紀行[13]

投稿日:2017年2月15日

東端編 2 三陸海岸を走る

2009年9月10日~10月9日

 陸前高田の民宿「吉田」の朝食を食べて出発。陸前高田からは県道38号で広田半島を一周する。広田半島では県道38号の新道と旧道が交錯しているので、半島内のすべての道が県道38号という感じで、4方向が県道38号という交差点もある。すべての道の表示が県道38号という道標もある。
 広田半島の中心の広田から広田漁港を見たあと、広田半島最南端の地の広田崎に行った。駐車場に相棒のスズキDR−Z400Sを停めると、遊歩道で岬の突端まで下り、そこから常緑樹で覆われた青松島と日本有数のウミネコの繁殖地の椿島を見た。反対側に目を向けると、広田湾の対岸には長々と唐桑半島が延びている。広田崎は三陸海岸屈指の絶景岬だ。

民宿「吉田」から見る広田湾民宿「吉田」の朝食県道38号で広田半島を一周

▲民宿「吉田」から見る広田湾 ▲民宿「吉田」の朝食 ▲県道38号で広田半島を一周

黒崎の黒崎神社を参拝黒崎仙峡の岩の割れ目黒崎の突端

▲黒崎の黒崎神社を参拝 ▲黒崎仙峡の岩の割れ目 ▲黒崎の突端

 つづいて黒崎へ。まずは岬の入口にある黒崎神社を参拝し、そこから黒崎までは歩いていく。10分ほど歩くと黒崎だ。黒崎仙峡の岩の割れ目がすごい。黒崎の突端まで行って戻ると、黒崎仙峡温泉の湯に入った。
 JR大船渡線の線路を渡り、陸前高田市から大船渡市に入ると、広田半島から末先半島へと半島が変わる。末崎半島最南端の碁石岬へ。岬入口の駐車場から松林内の遊歩道を歩き、碁石岬の展望台に立った。対岸には広田半島が大きく見える。その突端に見える岬は黒崎。こうして岬から岬を見るのはいいものだ。碁石岬から戻ると、駐車場前の食事処「岬」で、鮮度満点の「海鮮丼」を食べるのだった。

碁石岬の案内図碁石岬の展望台碁石岬突端の岩場

▲碁石岬の案内図 ▲碁石岬の展望台 ▲碁石岬突端の岩場

碁石岬の灯台碁石岬の漁港碁石岬の食事処「岬」で食べた「海鮮丼」

▲碁石岬の灯台 ▲碁石岬の漁港 ▲碁石岬の食事処「岬」で食べた「海鮮丼」


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税