カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

東北四端紀行[6]

投稿日:2017年2月1日

南端編 6 旧奥州街道の明神峠

2009年9月10日~10月9日

 白河の南湖を歩いたあと、スズキのDR−Z400Sを走らせ、旧奥州街道の国道294号を南下する。国道289号との交差点から5キロほど行くと白坂宿に着く。そこは奥州街道の奥州側最南の宿場だ。

白河の南湖を出発旧奥州街道の国道294号を行く旧奥州街道の奥州側最南の宿場、白坂宿

白河の南湖を出発 旧奥州街道の国道294号を行く 旧奥州街道の奥州側最南の宿場、白坂宿

 白坂から1キロほど行くと福島・栃木県境の明神峠に到着。ここには境の明神がまつられている。奥州側には住吉神社、関東(下野)側には玉津島神社。両社が国境を境に隣りあっている。またここには「二所ヶ関址」碑もある。明神峠を栃木県側に下ると寄居の集落。寄居宿は奥州街道の関東側最北の宿場になる。さらに国道294号を下っていくと芦野。ここも奥州街道の宿場だ。

旧奥州街道の福島・栃木県境の明神峠明神峠の「境の明神」明神峠の東北側の住吉神社

旧奥州街道の福島・栃木県境の明神峠 明神峠の「境の明神」 明神峠の東北側の住吉神社

明神峠の関東側の玉津島神社明神峠の「二所之関址」の碑

明神峠の関東側の玉津島神社 明神峠の「二所之関址」の碑

 芦野には西行ゆかりの「遊行柳」が残されている。熱狂的な西行ファンの芭蕉も「奥の細道」では、当然のことのように立ち寄っている。その「遊行柳」の奥には小さな祠の湯泉神社があるが、祠前には「上の宮のイチョウ」で知られている大イチョウ。樹齢400年とのことだが、根回り6メートル、樹高は35メートルというとてつもない巨木だ。

旧奥州街道の芦野宿芦野の「遊行柳」「上の宮の大イチョウ」

旧奥州街道の芦野宿 芦野の「遊行柳」 「上の宮の大イチョウ」

芦野から眺める関東と東北の境の山並み

芦野から眺める関東と東北の境の山並み

Comments

Comments are closed.

Scroll Up