カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[343]

投稿日:2016年4月25日

東海道を鎌倉へ

坂東三十三ヵ所めぐり 2009年6月8日

早朝の日本橋を出発

早朝の日本橋を出発

品川宿

品川宿

品川宿の江戸六地蔵

品川宿の江戸六地蔵

六郷橋で多摩川を渡る

六郷橋で多摩川を渡る

川崎宿

川崎宿

神奈川宿

神奈川宿

 2009年6月8日4時15分、神奈川県伊勢原市の自宅を出発。「日本百観音霊場」の第2弾目、「坂東33ヵ所めぐり」の開始だ。スズキの125ccスクーター、アドレスV−125Gに「頼むぞ!」とひと声かけて、国道246号を走り出す。相模川を渡り、多摩川を渡って東京都に入り、日本橋に到着したのは5時45分。この時間帯だと日本橋には通行する人の姿もなく、通る車もほとんどない。
「坂東33ヵ所」第1番札所の杉本寺(杉本観音)は鎌倉なので、東海道で藤沢宿まで行く。国道15号で早朝の銀座を走り抜け、品川宿を通り、六郷橋で多摩川を渡って神奈川県に入った。神奈川県内の最初の宿場は川崎宿だ。

 六郷橋のたもとには「六郷の渡し」の案内板が立っている。それには次のように書かれている。

関東でも屈指の大河である多摩川の下流域は六郷川ともよばれ、東海道の交通を遮る障害でもありました。そこで慶長5年(1600年)、徳川家康は六郷川に六郷大橋を架けました。それ以来、修復や架けなおしが行われましたが、元禄元年(1688年)7月の大洪水で流されたあとは、架橋をやめ、明治に入るまで船渡しとなりました。渡船は当初は江戸の町民らが請け負いましたが、宝永6年(1709年)3月以降は川崎宿が請け負うことになり、これによる渡船収入が川崎宿の財政を大きく支えました。

 国道15号から旧東海道に入り、川崎宿、神奈川宿を通って横浜へ。

 川崎宿の中心は京急川崎駅の周辺で、そこには田中本陣跡や佐藤本陣跡といった本陣跡がある。駅前の「いさご通り」は旧東海道を前面に出してアピールしている。川崎宿は相当にぎわったとのことだが、東海道を行き来する旅人のみならず、多摩川の河口近くにある厄除けの大師堂(川崎大師)へ参詣者も多かった。

 神奈川宿は京急の神奈川新町駅から神奈川駅の間の一帯で、オランダ領事館跡の公園やフランス領事館跡の慶運寺、アメリカ領事館跡の本覚寺などがあり、この地が横浜開港当時の中心地になっていたことがよくわかる。その先が横浜駅周辺の高層ビル街。江戸時代の横浜は名もなき寒村、というよりも海の中だった。

 横浜からは保土ヶ谷宿、戸塚宿を通って藤沢宿へ。保土ヶ谷宿と戸塚宿の間では権太坂を越えるが、この東海道最初の峠が武蔵と相模の国境になる。そこには境木地蔵がまつられている。戸塚宿の入口には見附(通行人の監視所)跡と一里塚跡、東海道線の戸塚駅近くには本陣跡がある。藤沢宿では時宗の本山の遊行寺を参拝した。

 藤沢宿で東海道と別れ、国道457号で江ノ島へ。江ノ島からは海沿いの国道134号で鎌倉に向かった。

保土ヶ谷宿の本陣跡武蔵・相模国境の権太坂JRの開かずの踏み切りは戸塚宿の難所

保土ヶ谷宿の本陣跡 武蔵・相模国境の権太坂 JRの開かずの踏み切りは戸塚宿の難所

遊行寺の本堂藤沢宿江ノ島が見えてくる

遊行寺の本堂 藤沢宿 江ノ島が見えてくる

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照


    アンダー400 No.66
    10月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    番外編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up