カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[64]

投稿日:2016年2月6日

ぐるっと一周123109874

2015年10月10日(東京?青森)

 10月10日7時30分、新白河駅前の「東横イン」を出発。国道4号を東京目指して南下する。ゆるやかな峠を越え、黒川を渡って栃木県に入る。関東に戻ってきた。黒川にかかる県境の橋はその名も「栃福橋」だ。

 右手に那須連峰の山々を見ながら走り、黒磯、西那須野、氏家と通り、宇都宮の手前で新国道4号に入った。関東平野を一気に突き抜けるようにして走る。あっというまに茨城県に入り、利根川を渡り、道の駅「ごか」でV−ストローム1000を止めた。すぐ近くが開通してまもない圏央道の五霞ICだ。

 茨城県から埼玉県に入り、越谷で新旧の国道4号が合流。草加を過ぎたところで東京都に入った。千住新橋で荒川を渡り、ゴールの日本橋へ。

 日本橋に到着したのは11時30分。青森駅前から1463キロを走っての到着。道の駅巡りをしたので大幅に距離は延びた。

 これにて「123109874」は終わった。

 日本橋から国道1号→国道2号→国道3号で鹿児島へ、鹿児島からは国道10号→国道9号→国道8号→国道7号で青森へ、青森から国道4号で東京に戻ってきたのだ。

「よく走ってくれた!」
 と、V−ストローム1000にはねぎらいの言葉をかけた。

 V−ストローム1000は長距離ツーリングには最適なバイク。シートがじつに良く出来ているので、「宮崎→京都」のように1日で1000キロ以上走っても、信じられないようなことだが尻の痛みに悩まされることはなかった。これはすごいことだ。

 このあと10月、11月、12月とまだまだV−ストローム1000での旅はつづく。

IMG_0848

▲「東横イン」の朝食

IMG_0850

▲「東横イン」を出発

IMG_0851

▲国道4号で栃木県に入る

IMG_0852

▲関東平野の大豆畑

IMG_0853

▲新国道4号に入る

IMG_0854

▲快走路の新国道4号

IMG_0855

▲道の駅「ごか」

IMG_0857

▲日本橋まであともう一息

IMG_0858

▲日本橋が見えてきた

IMG_0859

▲日本橋に到着!!!

Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    キャンプミーティングinならは
    2018年9月8日
    日時:2018年9月8日
         15:00受付開始
       9日 復興ツーリング

    会場:天神岬スポーツ公園
       キャンプ場
       福島県楢葉町

    参加費:1,000円(テント泊)
        500円(日帰り)
        小学生以下は無料

    事前登録:登録フォーム

    問合せ:焚き火night事務局
       (担当:渡辺哲)
    https://www.facebook.com/
    akirawatanabe.790
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    風まかせ No.69
    7月6日発売

    焚火日和


    アンダー400 No.70
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    いわき中央編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up