カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[61]

投稿日:2016年2月2日

岩手でも道の駅巡り

2015年10月8日(東京?青森)

 青森県の五戸から国道4号を南下。南部、三戸と走り抜け、県境の青岩大橋を渡って岩手県に入る。青森県につづいて、岩手県の道の駅を巡りの開始だ。二戸からは国道395号で猿越峠を越えて軽米へ。軽米からはさらに赤石峠を越える。V−ストローム1000を走らせての北上山地の峠越え。このあたりが最北の北上山地ということになる。

 赤石峠を下ると洋野町の道の駅「おおの」。ここでは「赤鶏ラーメン」(680円)を食べた。「赤鶏」というのは日本生まれ、洋野育ちの純和鶏だという。

 道の駅「おおの」で折り返し、再度、赤石峠を越えて軽米へ。軽米ICから八戸道に入り、一区間、高速を走って九戸ICで降る。次の道の駅「おりつめ」は、九戸ICのすぐ近くだ。道の駅「おりつめ」でスタンプを押すと、国道340号→国道395号で猿越峠を越えて二戸に戻った。二戸は岩手県北部の中心地。その中心の福岡は奥州街道の宿場町だ。

 二戸から国道4号を南下。一戸を通り、十三本木峠を越え、北上川の世界へと入っていく。岩手町の沼宮内から国道281号で大坊峠を越えて道の駅「くずまき高原」へ。ここでは人気の「くずまきワイン」を売っている。近くには「くずまき高原牧場」がある。

 道の駅「くずまき高原」から沼宮内に戻ると国道4号を南下。盛岡を走り抜け、紫波町の中心の日詰から県道25号を行く。ここからが勝負。北上川にかかる紫波橋を渡り、夕暮れの折壁峠に向かっていく。狭路の折れ曲がった峠道。難路の峠越えなので交通量は極少。折壁峠を越えて道の駅「はやちね」に到着したときは、すでにとっぷりと日は暮れ、あたりは真っ暗になっている。道の駅の明かりも消えていたが、ここのスタンプは休憩所内にあって24時間、押せるのだ。この日、最後のスタンプをスタンプ帳に押すと、誰もいない道の駅「はやちね」を後にし、来た道を引き返し、国道4号に戻った。

 紫波から国道4号を南下。花巻を通り、北上へ。北上からは国道107号に入り、北上西ICから秋田道で湯田ICへ。再度、国道107号を走り、岩手・秋田県境の巣郷峠へ。峠上の巣郷温泉「静山荘」に到達したのは20時30分。遅い時間の到着にもかかわらず、女将さんは夕食を用意して待ってくれていた。ありがたい。湯量豊富な温泉にどっぷりつかり、湯から上がると夕食をいただく。まずは湯上りのビール。ビールを飲み終わる頃には、キノコたっぷりの釜飯が炊き上がるのだった。

IMG_0770

▲国道4号の青岩大橋を渡って岩手県に入る

IMG_0771

▲国道395号で赤石峠を越える

IMG_0772

▲道の駅「おおの」

IMG_0777

▲道の駅「おおの」の「赤鶏ラーメン」

IMG_0778

▲道の駅「おりつめ」

IMG_0779

▲道の駅「おりつめ」の内部

IMG_0782

▲国道281号で大坊峠を越える

IMG_0784

▲道の駅「くずまき高原」

IMG_0786

▲道の駅「くずまき高原」の内部

IMG_0788

▲道の駅「はやちね」

IMG_0789

▲巣郷温泉「静山荘」に到着

IMG_0795

▲巣郷温泉「静山荘」の夕食

IMG_0800

▲湯上りのビールを飲み干す

IMG_0803

▲炊き上がった釜飯


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税