カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[55]

投稿日:2016年1月24日

東北ツーリングの拠点

2015年10月6日(東京?青森)

 象潟の道の駅「象潟」を出発。国道7号を北へ。金浦では旧道で金浦の中心街に入り、JR羽越本線の金浦駅や金浦漁港、漁港周辺の古い家並みを見てまわる。次の仁賀保でも旧道に入り、「TDK歴史館」(入館無料)を見学。世界のTDKはこの地で生まれた。象潟、金浦、仁賀保の3町は2005年10月に合併し、今ではにかほ市になっている。

 仁賀保を過ぎると由利本荘市に入り、左手に日本海を見ながら走る。西目では道の駅「にしめ」でV−ストローム1000を止め、隣接する「にしめの湯っ娘ランド」の湯に入り、湯から上がると、道の駅のレストランで「本荘うどん 天ぷら冷」(970円)を食べた。本荘うどんは稲庭うどん風の細麺で、シコシコした腰の強い麺。そんな本荘うどんのザルにカラッと揚げた天ぷらがついている。

 本荘に到着すると、国道7号から町中に入っていく。本荘は本荘藩2万石の城下町。ここは「東北ツーリング」のきわめて重要な拠点で、国道105号、国道107号、国道108号の3本の国道の起点になっている。国道107号と国道108号は東北横断国道だ。国道107号は大船渡、国道108号は石巻と、太平洋岸が終点になっている。国道105号は盛岡が終点だが、そのまま国道106号を走れば太平洋側の宮古まで行けるので、やはり東北横断国道のようなものだ。

 豪壮な山門の永泉寺を参拝し、子吉川河岸の本荘漁港を見た。

IMG_2524

▲道の駅「象潟」を出発

IMG_2527

▲国道7号の旧道で金浦へ

IMG_2529

▲金浦の中心街

IMG_2530

▲JR羽越本線の金浦駅

IMG_2532

▲金浦漁港

IMG_2533

▲仁賀保の国道7号

IMG_2534

▲仁賀保の「TDK歴史館」

IMG_2536

▲西目の「にしめの湯っ娘ランド」

IMG_2537

▲道の駅「にしめ」

IMG_2541

▲「本荘うどん 天ぷら冷」

IMG_2543

▲本荘は3本の国道の起点

IMG_2546

▲永泉寺の山門

IMG_2551

▲子吉川の本荘漁港


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税