カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[51]

投稿日:2016年1月17日

東北の道の駅巡り

2015年10月6日(東京?青森)

 国道7号の新潟・山形県境を出発。近くの「ローソン」でコーヒーを飲み、一息入れたところで鶴岡へ。その途中では由良の町並みを見下ろし、由良峠を越えた。

 鶴岡まで来ると、いったん国道7号を離れ、国道112号を行く。

 今回の東北は「国道7号→国道4号」を走るのが一番の目的だが、もうひとつ、「東北の道の駅巡り」という大きな目的もあった。

 そのきっかけは偶然だった。

 青森県の道の駅「浅虫温泉」の5階展望風呂「ゆ〜さ浅虫」に入り、1階の売店を歩いていると、『東北道の駅スタンプラリーブック』が目に留まった。1冊200円。東北の全部の道の駅146駅のスタンプが押せるようになっている。それを見た瞬間、「よーし、東北の全部の道の駅を巡ろう」と決心したのだ。それは6月30日のことだった。

 1993年に誕生した道の駅だが、最近の日本での数少ない成功例といっていい。今や日本各地に増えているが、車のみならず、我々バイクで旅する者にとっても道の駅の存在は大助かり。それだけに大勢の人たちが集まる場所になっている。きれいなトイレを利用できるし、休憩所で仮眠できるところもある。地元産の食材が買えるし、郷土料理を食べられるレストランも数多くある。温泉に入れる道の駅もいくつもある。ということで、スタンプラリー帳にスタンプを押し始めたのだが、すっかりはまり、もう夢中になってしまった。スタンプを押せる時間は道の駅によって違う。中には24時間、押せる道の駅もあるが、午前9時から午後6時、7時という所が多い。そのため頭を使って道の駅を巡るコースを考えなくてはならない。それがけっこう、おもしろいのだ。

 ということで、ここではまだ立ち寄っていない国道112号→国道287号沿いの道の駅を巡る。第1番目は道の駅「月山」。ここには「月山あさひ博物村」がある。国道112号の峠、大越を越え、次の道の駅「にしかわ」へ。ここには「水沢温泉館」があり、朝6時から入れる。寒河江からは国道287号を南下。道の駅「おおえ」、道の駅「あさひまち」、道の駅「白鷹ヤナ公園」の3ヵ所に寄る。「あさひまち」はオープンしたばかりで、東北の「道の駅」のニューフェイス。「白鷹ヤナ公園」を流れる最上川には日本最大級のアユのヤナがある。寒河江に戻ると、国道112号沿いの道の駅「寒河江」に寄り、国道13号沿いの道の駅「天童温泉」へ。それぞれの道の駅では「スタンプラリー帳」にスタンプを押し、道の駅「天童温泉」を最後に、来た道を引き返し、鶴岡に戻るのだった。

IMG_0551

▲国道7号の新潟・山形県境を出発

IMG_0552

▲国道7号を行く

IMG_0553

▲展望ポイントから見下ろす由良

IMG_0555

▲由良峠を越えると鳥海山が見える

IMG_0556

▲鶴岡の国道7号

IMG_0559

▲鶴岡から国道112号を行く

IMG_0564

▲道の駅「月山」

IMG_0566

▲道の駅「月山」でスタンプを押す

IMG_0570

▲国道112号の大越

IMG_0571

▲月山を見る

IMG_0574

▲道の駅「にしかわ」

IMG_0580

▲道の駅「にしかわ」の「水沢温泉館」

IMG_0581

▲道の駅「おおえ」

IMG_0582

▲道の駅「あさひまち」

IMG_0583

▲道の駅「白鷹ヤナ公園」

IMG_0584

▲道の駅「寒河江」

IMG_0585

▲道の駅「天童温泉」

Comments

Comments are closed.

  • 日本一周中

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.186
    9月23日発売

    特集

    「生涯旅人」賀曽利隆

     ロングインタビュー


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセスできます

    PCと同じアドレスで、携帯からもアクセスできます。 このQRコードをご活用ください。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。