カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[39]

投稿日:2015年12月27日

スイスイ走れる国道10号

2015年9月22日(東京?鹿児島)

 9月22日4時30分、宮崎の「ルートイン」を出発。まだ外は真っ暗だ。V−ストローム1000を走らせ、国道10号を北上。この時間帯の国道10号はほとんど交通量がない。国道3号とは大違い。高鍋を過ぎたあたりで夜が明ける。都農の都農神社を参拝。ここが日向の一宮になる。日向市に近づくとぐっと交通量が増え、日向市に昇る朝日を見た。

 6時15分、宮崎から86キロの延岡に到着。宮崎県北部の中心地、延岡を過ぎると交通量はガクッと減り、国道326号との分岐を過ぎるとさらに交通量は減った。大分に向かう車の多くは国道326号経由で国道57号→国道10号を行くし、「宮崎〜大分」間の東九州自動車道の全線が開通しているので、国道10号はもうガラガラ状態だ。

 宮崎県から大分県に入り、佐伯に近づくとようやく交通量が増えた。佐伯の中心街に通じる国道217号との分岐を過ぎ、道の駅「やよい」の前にある「手打ちうどん」の店で朝食。ここでは、店の主人おすすめの「肉ごぼううどん」(680円)を食べた。しっかりとした腰のあるうどんはかみごたえがあった。食べ終わってお茶を飲んでいると、店の主人は「九州おすすめ三大ポイント」というのを教えてくれた。第1位が阿蘇、第2位が佐多岬、第3位が日南海岸になるという。

 九州横断の国道57号と合流し、8時30分、宮崎から202キロの大分に到着。大分からは別府、宇佐を通り、中津の道の駅「なかつ」で小休止。中津を過ぎると山国川を渡って福岡県に入る。豊前市、行橋と通り、11時45分、宮崎から329キロの小倉に到着。国道3号との交差点までが国道10号になる。鹿児島から696キロ。その間の佐多岬往復分を引くと、「鹿児島→小倉」間の国道10号は458キロになった。

IMG_0292

▲夜明けの国道10号を行く

IMG_0294

▲日向市に昇る朝日

IMG_0295

▲延岡に到着

IMG_0297

▲宮崎県から大分県に入る

IMG_0298

▲「手打ちうどん」の店で朝食

IMG_0299

▲朝食の「肉ごぼううどん」

IMG_0302

▲大分に到着

IMG_0303

▲道の駅「なかつ」で小休止

IMG_0305

▲小倉に到着

IMG_0306

▲頭上には小倉のモノレール

IMG_0309

▲小倉の国道3号と国道10号の交差点


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税