カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[38]

投稿日:2015年12月26日

桜島一周

2015年9月21日(東京?鹿児島)

「最南端バイクミーティング」のイベントを終えると、11時に大泊漁港を出発。来た道を今度は北へ。南大隅町の中心、根占では根占温泉「ネッピー館」(入浴料330円)の湯に入った。垂水では食事処「まどか」で「うなぎのひつまぶし膳」(1650円)を食べ、国道224号→県道26号で桜島を一周。

 有村溶岩展望所ではV−ストローム1000を止め、噴煙を上げる桜島の南岳を間近に眺めた。ここは南岳に一番近い展望台。大正大噴火や昭和大噴火でできた広大な溶岩原の遊歩道を歩くと、桜島の持っている膨大なエネルギーを実感できる。

 古里温泉では「古里観光ホテル」(入浴料1050円)の湯に入る。ここは「桜島一周」の定番湯。龍神観音をまつる海辺の露天風呂は混浴なのだが、「南無観世音大菩薩」と墨書きされた白い浴衣を着用して湯に入ることになっている。露天風呂の湯につかりながら鹿児島湾を眺めていると、自分の体と海が一体になったかのような錯覚にとらわれる(※このあとまもなく「古里観光ホテル」は廃業したという。入浴のみならず、泊まったこともある宿なだけに何とも残念だ)。

 大正大噴火で埋まった烏島の埋没地を歩いた。烏島は周囲500メートルほどの小島だったが、それが埋まってしまうほどの大正大噴火。桜島の持つ膨大なエネルギーをここでも見せつけられた。

 桜島港からは県道26号を行く。県道26号を右折し、湯之平展望台に登り、桜島を一望。桜島は北岳(1118m)、中岳(1110m)、南岳(1070m)の3峰から成っているが、湯之平展望台からはそれら桜島の3峰を一望できる。激しく噴煙を上げているのは南岳だ。桜島の荒々しい山容を目に焼きつけたところで県道26号に戻ると、鹿児島湾の青い海を見ながら走る。海岸には桜島大噴火の避難港が何ヵ所かにある。

 黒神では大正3年の大噴火で埋没した「埋没鳥居」を見る。高さ3メートルの鳥居が火山灰に埋まった。そこに展示されている桜島噴火の写真がすごい。

 最後は桜島口。ここが大正3年の大噴火で桜島が大隅半島と地続きになった現場だ。流れ出た溶岩は推定30億トン。10トンダンプ3億台分の溶岩が桜島と大隅半島の間の海を埋め尽くした。気の遠くなるような膨大な溶岩の量。桜島の持つエネルギーの大きさをここでも見せつけられた。

「桜島一周」を終えると、国道220号を北上し、国道10号に戻ってきた。

「さー、門司だ!」

 門司を目指して国道10号を走る。

 鹿児島県から宮崎県に入り、都城を通り、20時30分、宮崎に到着。中心街の「ルートイン」に泊まった。ホテル内のレストランで炭火焼きの「日向鶏」をつまみにして生ビールを飲み、そのあとサンマの「焼き魚定食」を食べた。

IMG_0261

▲大泊漁港を出発

IMG_0262

▲垂水の食事処「まどか」の「ひつまぶし」

IMG_0263

▲有村展望台から見る南岳

IMG_0264

▲「ふるさと観光ホテル」の露天風呂

IMG_0265

▲湯之平展望台から見る桜島

IMG_0266

▲黒神の「埋没鳥居」

IMG_0269

▲国道10号で宮崎県に入る

IMG_0270

▲コンビニで「宮崎日日新聞」を買う

IMG_0272

▲都城を通過

IMG_0276

▲宮崎の「ルートイン」に泊まる

IMG_0277

▲「ルートイン」の「日向鶏炭火焼」

IMG_0278

▲「ルートイン」の「焼き魚定食」


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税