カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[33]

投稿日:2015年12月18日

復路編開始

2015年9月20日(東京?鹿児島)

「鹿児島探訪」を終えると、V−ストローム1000での、「東京〜鹿児島・往復」後半戦の開始だ。前半戦の往路編では国道1号→2号→3号の「123」で東京から鹿児島までを走ったが、後半戦の復路編では国道10号→9号→8号の「1098」で鹿児島から新潟まで走り、新潟からは国道49号で本州を横断し、最後は福島県いわき市のいわき勿来ICから常磐道で東京に戻るつもりだ。

 山下町の西郷さん(西郷隆盛)の銅像の建つT字の交差点でV−ストロームを止める。ここは国道3号と国道10号の終点であり、国道58号の起点になっている。国道58号から右折して国道10号に入り、トンネルを抜けて「尚古集成館」の前を通り、右手に桜島を見ながら国道10号を北上。鹿児島市から姶良市に入る。この鹿児島・姶良の市境が旧国でいうと薩摩・大隅の国境になる。鹿児島県というと誰もがすぐに「薩摩」を連想するが、鹿児島県は薩摩ともう一国の「大隅」の2国から成っている。面積でいうと、薩摩よりも大隅の方が広い。

 姶良市の加治木では龍門滝温泉に寄っていく。ここには市営温泉「龍門滝温泉」(入浴料250円)がある。「日本の滝百選」の龍門滝(高さ46m)を見ながら湯につかる。加治木からは国道10号のゆるやかな峠、滝口坂を越えて霧島市に入る。霧島市の隼人では大隅国の一宮、鹿児島神宮を参拝した。そして国分ではいったん国道10号を離れ、国道220号で日本本土最南端の佐多岬に向かった。

IMG_0204

▲ここが山下町の交差点

IMG_0205

▲山下町の交差点を見下ろす西郷さんの銅像

IMG_0208

▲山下町の交差点から国道10を行く

IMG_0210

▲龍門滝温泉

IMG_0211

▲「日本の滝百選」の龍門滝


Comments

Comments are closed.

  • ひめさゆりバイクミーティング

    日時:2017年6月11日
       10:00〜14:00(予定)
     前夜祭 10日18:30〜
      ※前夜祭は会費5,000円
      (要事前申込)
    会場:会津高原南郷スキー場
       福島県南会津町
    ツーリングマップル東北7E-1
    今年も賀曽利隆のトークショーを開催予定。
    詳しくは公式フェイスブックをご覧ください。
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税