カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[31]

投稿日:2015年12月13日

1533キロで終点到着

2015年9月20日(東京?鹿児島)

 9月20日。6時前に川内駅前の「東横イン」を出発。V−ストローム1000を走らせ、国道3号で鹿児島へ。国道3号沿いのコンビニで朝食。いつものおにぎり2個と「お〜い お茶」。串木野、市来と通り、7時30分には鹿児島に到着だ。西郷さん(西郷隆盛)の銅像下の交差点が国道3号の終点。そこは国道10号の終点でもある。「東京→鹿児島」は1533キロだった。

 西郷さんの銅像下のT字の交差点は、国道58号の起点にもなっている。この国道58号は沖縄本島へとつづく「海街道」。鹿児島港から種子島へ、種子島からは奄美大島へ、そして沖縄本島の起点は最北端の辺土岬に近い奥の集落で、沖縄本島の西海岸を南下し、那覇の明治橋が終点になっている。

 さー、鹿児島探訪の開始だ。

 国道58号で鹿児島港まで行き、桜島フェリーのターミナルや種子島へのフェリー乗り場を見てまわる。鹿児島中央駅の近くでは、朝からやっている「あけぼの」という店で、串木野産の「さつまあげ」(1パック89円)を買って食べた。

 鹿児島中央駅は九州新幹線の開業以前は西鹿児島駅だった。駅前にはにぎやかな朝市が毎日、立った。西鹿児島駅前の朝市を見に鹿児島に来たこともあるので、ぼくにとってはなつかしの地。朝市には早い人だと4時前には来ていた。6時から8時頃までが一番にぎわった。露天市で野菜類やサツマイモ、ジャガイモが山のように積まれて売られていた。さつま揚げや漬物も売られていた。ちなみに鹿児島ではサツマイモはカライモ、さつま揚げはつけ揚げと呼ばれている。

 朝市のおばちゃんは、「遠い人はね、指宿や山川から来ているのよ。毎朝、3時前には起きて。朝市に出す品物を用意すると一番列車に乗るの。西鹿児島駅に着くのは6時20分。薩摩の女はみんな働き者なのよ」といっていた。

 鹿児島中央駅前の朝市は今でも開かれているのだろうか。この日は日曜日なのでまったく見られなかったが…。

 最後に鶴丸城跡に行く。ここは薩摩藩77万石、島津氏270年間の居城。しかしほとんど何も残っていない。擬宝珠のついた石橋や苔むした石垣、蓮の浮かぶ堀が、かろうじて加賀藩に次ぐ日本第2の大藩の面影をとどめている。城の背後の城山は、明治10年の西南戦争最後の戦場。激戦を物語るように、城跡の石垣には無数の弾痕が残っている。

IMG_0177

▲夜明けの川内駅

IMG_0179

▲川内駅前を出発

IMG_0181

▲これがいつもの「コンビニ朝食」

IMG_0186

▲鹿児島に到着

IMG_0187

▲鹿児島港の桜島フェリーターミナル

IMG_0188

▲目の前を桜島フェリーが通り過ぎていく

IMG_0189

▲鹿児島港の岸壁にV−ストローム1000を止める

IMG_0191

▲種子島行きのフェリーが見える

IMG_0192

▲鹿児島中央駅前の交差点

IMG_0193

▲鹿児島中央駅前の大通りを行く

IMG_0197

▲鹿児島名物の「さつま揚げ」を食らう!

IMG_0198

▲左手には鶴丸城の石垣

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照


    アンダー400 No.66
    10月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    番外編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up