カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[28]

投稿日:2015年12月8日

国道3号でも渋滞に遭遇

2015年9月19日(東京?鹿児島)

 7時、門司港駅前を出発。V−ストローム1000を走らせ、国道3号で門司を通り、北九州市の中心の小倉へ。門司は寂れた感があるが、それにひきかえ小倉は発展しているように見える。門司、小倉、八幡、戸畑、若松の5市が合併してできた北九州市だが、小倉の一人勝ちの様相だ。

 国道10号との分岐点を通過し、国道3号を行く。八幡を通り、北九州市から水巻町に入る。そして遠賀川を渡った。

 門司から70キロほど走ると福岡に到着。時間は9時。福岡までは比較的、スムーズに走れた。筑前の一宮、筥崎宮前を通り、国道3号沿いのラーメン店「博多ラーメン」で「博多ラーメン」を食べた。1杯290円という安さ。ストレート系の極細麺がうまい。食感もいい。豚骨風味のスープは一滴残さず、全部飲んだ。

 福岡からの国道3号は断続的な渋滞。鳥栖の国道34号との分岐までは30キロほどだが1時間半もかかった。さらに渋滞は久留米から八女までつづき、八女の町並みを走り抜けると、やっとスムーズに走れるようになった。

 日本の幹線、国道1号→国道2号→国道3号を走ろうとすると、行く先々で連続する渋滞との戦いになる。V−ストローム1000のクラッチを頻繁に握るので、手首に痛みをおぼえるほどだ。

 小栗峠を越えて熊本県に入り、国道3号沿いの食堂「恵の駅」で昼食。熊本の郷土料理の「馬刺」(500円)を食べたあと、「牛丼セット」(380円)を食べるのだった。

 13時30分、門司から190キロの熊本に到着。鹿児島まではあと200キロだ。

IMG_0094

▲JR八幡駅前に寄っていく

IMG_0096

▲福岡に到着。ここまでは楽に走れた

IMG_0097

▲国道3号沿いの「博多ラーメン」

IMG_0101

▲これが1杯290円の「博多ラーメン」

IMG_0103

▲鳥栖の国道3号と国道34号の分岐点

IMG_0107

▲福岡・熊本県境の小栗峠

IMG_0108

▲小栗峠の道標

IMG_0109

▲国道3号沿いの食堂「恵の駅」で昼食

IMG_0112

▲熊本の郷土料理の「馬刺」を食べる

IMG_0113

▲「馬刺」のあとは「牛丼セット」

IMG_0115

▲熊本に到着。鹿児島まであと200キロ


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税