カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[27]

投稿日:2015年12月6日

九州上陸

2015年9月19日(東京?鹿児島)

 9月19日。6時、「東横イン」の朝食。「東横イン」は我が定宿。朝食は7時、早くても6時30分というところが多いが、下関の「東横イン」は6時から食べられるのがありがたい。混ぜご飯におにぎり、サラダ、肉団子、煮物、漬物といった朝食を食べ、6時15分には出発だ。下関駅前から国道9号を戻る。唐戸市場の前を通り、関門橋の下をくぐり抜け、源平合戦最後の舞台の壇ノ浦を右手に見て、長府の国道2号との分岐点まで戻ってきた。

 ところで山口県は周防、長門の旧2国から成っているが、国道2号で通ってきた防府は「周防の府」なので防府であり、長府は「長門の府」なので長府になる。ここには古い家並みや町並みが残っている。

 長府から国道2号を行く。長府トンネルで山並みを抜け、関門トンネルに入り、関門海峡を渡って九州に入った。関門トンネルを抜け出た最初の交差点が国道2号の終点であり、国道3号の起点になっている。

「さー、行くぞ!」

 ここでいつものようにV−ストローム1000にひと声かけて走り出す。いよいよ九州。国道3号で鹿児島を目指すのだ。

 その前に国道3号を右折して、JR門司港駅に寄っていく。残念ながら駅舎は工事中だったが、門司港駅はかつての九州鉄道網の中心で、駅舎には風格が漂っている。大正3年(1914年)に完成したという駅舎はもうそれだけで一幅の絵になっている。駅舎に入ってみると、「切符賣場」とか「自動券賣機」とか「待合所」といったひと時代前のような標示が目に入る。この門司港駅が鹿児島本線の起点駅で、「0哩標」が立っている。明治24年(1891年)4月1日、門司港駅(当時の門司駅)から熊本県の玉名駅(当時の高瀬駅)までの間が開通したときに、それを記念して建てられた碑だという。

IMG_0080

▲夜明けの下関

IMG_0081

▲「東横イン」の朝食

IMG_0082

▲「東横イン」を出発

IMG_0086

▲下関に昇る朝日

IMG_0088

▲長府の国道2号と9号の分岐

IMG_0091

▲関門トンネルに入っていく

IMG_0092

▲九州に上陸!

IMG_0093

▲工事中の門司港駅

IMG_0094

▲門司港駅の「0哩標」

IMG_3739

▲以前の門司港駅と駅前広場(2013年)

Comments

Comments are closed.

Scroll Up