カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[26]

投稿日:2015年12月4日

山口の夜は福を呼ぶ魚で

2015年9月18日(東京?鹿児島)

 広島からは国道2号の西広島バイパスで廿日市へ。旧道と合流すると、瀬戸内海を左手に見ながらV−ストローム1000を走らせる。宮島が手の届きそうなところにある。大竹を過ぎると山口県に入る。岩国から国道2号は内陸ルートになる。瀬戸内海沿いの海岸ルートは国道188号だ。廿木峠を越え、下松で国道188号に合流する。徳山では周南の工業地帯を見下ろす。防府では山陽道沿いの快走路を走る。小郡で国道9号に合流。下関までは国道2号と国道9号の重複区間。小郡を過ぎたところで夕日が山の端に落ちていった。

 下関市に入り、国道2号と国道9号の分岐点ではいったん国道2号を離れ、国道9号で下関駅まで行く。国道2号は関門トンネルで関門海峡を越え、門司港から国道3号になる。下関駅前に到着したのは20時30分。大阪から548キロだった。

 下関駅近くの「東横イン」に泊まると、さっそく夜の下関の町を歩く。駅周辺の海鮮料理店をのぞいていく。そのうちの一軒、「ふく料理」の暖簾を掲げた「つた本店」に入った。店の入口のボードに掛かれた「ふく定食3000円」に魅かれたからだ。これは安い。下関ではフグのことを福を呼ぶ魚という意味で「フク」といっている。

「つた本店」の「ふく定食」には「ふく刺し」と「こふく揚げ」が出た。

「ふく刺し」は三枚におろした身を薄く切り、菊の花びらを模したような盛りつけ方で、まさに「食の芸術品」。日本人の美意識、日本の食文化の真髄を見るような思いがする。日本の食は舌で味わうだけでなく、目で見て味わうものなのだ。

「ふく刺しはね、フクの身をいかに薄く切るかにかかっているのよ」と女将さんはいう。それを紅葉おろしと細かく刻んだワケギの入ったつけ汁(醤油にダイダイ酢を混ぜたもの)につけて食べる。箸をつけるのがもったいないくらいだが、ひときれつまんで、つけ汁につけ、口の中に入れてみた。光沢のあるフクの切り身は淡白な味だが、かみしめるとかすかな甘味が口の中に広がり、粘り気も出てくる。コリコリッとした歯ざわり、かみごたえが何ともいえない。

 下関ではこのフクの歯ごたえを「ひきがある」という。ひきのあるフクがうまいフク。トラフグ以外のフクには、この「ひき」がないのだという。このコリッ、コリコリッとしたフクの淡白な味わいの身は、血液の循環をよくするとのことで、食べているうちに体がホカホカしてくる(ような気がする)。ふく刺しには「皮」と「みかわ」が添えられている。みかわというのは文字通り、皮と身の間についている部分で、それをさっとゆでたもの。紅葉おろしとワケギの薬味をのせ、醤油をかけて食べる。「こふく揚げ」はフクの子供を揚げたもので、頭も骨もひれも食べられる。

 下関の「ふく料理」に大満足して「東横イン」に戻るのだった。

IMG_0057

▲国道2号の廿木峠

IMG_0060

▲国道2号の快走区間を行く

IMG_0061

▲国道2号から見る夕日

IMG_0062

▲下関の「東横イン」に到着

IMG_0064

▲下関の海鮮料理店をのぞいていく

IMG_0067

▲「ふく料理」の「つた本店」に入る

IMG_0071

▲「つた本店」の「ふく定食」

IMG_0072

▲「ふく刺」

IMG_0073

▲「こふく揚げ」

IMG_0079

▲「東横イン」の部屋から見る下関の夜景

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税