カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[24]

投稿日:2015年12月1日

ひたすら我慢の国道2号

2015年9月18日(東京?鹿児島)

 9月18日午前5時、大阪・梅田の「東横イン」を出発。ちょうど夜が明けるところだった。前日の雨、雨、雨…とはうってかわて晴天なのがありがたい。国道1号の終点の梅田の交差点に立った。ここが国道2号の起点になる。大阪の中心街も、この時間帯だと、まだ交通量はすくない。

「さー、行くぞ!」

 と、V−ストローム1000にひと声、かけて走り出す。淀川を渡り、神崎川を渡って兵庫県に入る。尼崎、西宮、芦屋と通り神戸へ。大阪から35キロ、神戸の中心、三宮に到着したのは6時。ここまではスムーズに走れた。

 神戸からが大変だ。渋滞の連続。明石海峡大橋の下をくぐり抜け、明石の中心街を通過。川崎重工の工場を過ぎたあたりの「すき家」で朝食。定番の「納豆定食」(300円)を食べた。明石から加古川を通って姫路へ。バイパスを使わなかったのは大失敗。神戸から60キロの姫路に着いたのは9時。3時間もかかった。姫路の中心街から南へ、国道2号の姫路バイパスに入り、太子竜野バイパスを走り相生へ。相生を過ぎると、すこしは楽に走れるようになった。国道2号はとにかく交通量が多い。ただひたすらに我慢、我慢で走るしかない。

 播州平野から関西と中国の境に連なる山地に入り、まずは鯰峠を越える。つづいて兵庫・岡山の県境の船坂峠を越えて中国地方に入っていった。

IMG_0035

▲大阪・梅田の交差点を出発。国道2号を行く

IMG_0037

▲神戸に到着

IMG_0038

▲明石の「すき家」で朝食

IMG_0039

▲朝食の「納豆定食」

IMG_0040

▲姫路に到着

IMG_0042

▲船坂峠のトンネル。ここは関西と中国の境

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.64
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税