カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[18]

投稿日:2015年11月18日

燧岳こそが東北最高峰

2015年9月13日(福島一周)

 国道252号で福島・新潟県境の六十里越まで行き、そこで折り返し、JR只見線の只見駅前に戻ってきた。ここからは国道289号で只見川の支流、伊南川に沿っていく。只見町から南会津町に入り、「南郷トマト」で知られる旧南郷村を行く。

 伊南川沿いの道は旧南郷村の中心、山口からは国道401号になる。旧伊南村に入り、旧伊南村の中心の古町を過ぎると、伊南川沿いの道は国道352号になる。只見から伊南川沿いの一本道を走っているのだが、国道のルートナンバーは289号→401号→352号と変わっていくのだ。南会津町は南郷村と伊南村、それと舘岩村の3村と田島町が合併してできた町。南会津町から檜枝岐村に入ると、川の名前は伊南川から檜枝岐川に変わる。

 尾瀬への入口の檜枝岐に着くと、尾瀬檜枝岐温泉の「駒の湯」に入り、そば処「まる家」で「そば定食」(1200円)を食べた。そばはつなぎを一切使わない檜枝岐名物の「裁ちそば」。それに黄粉をまぶした「そば団子」とジュウネン(エゴマ)をからめた「そば餅」がついている。「そば餅」はここでは「はっとう」と呼ばれている。

「裁ちそば」に満足し、檜枝岐を出発。さらに国道352号を行く。檜枝岐川の渓流に沿って走り、やがて山中に入っていく。展望台から「モッカケの滝」を見、道路沿いの岩壁から湧水が流れ落ちる「ぶな坂の清水」ではV−ストローム1000を止め、手ですくって清水を飲んだ。キリッとした冷たい清水。そして福島の県道1号との分岐に出る。この県道1号は沼山峠の手前までつづいているが、一般車は入れない。分岐点の御池の駐車場にバイクや車を止め、バスで沼山峠の休憩所まで行き、そこから尾瀬へと歩いていく。尾瀬沼までは徒歩1時間ほどだ。

 県道1号との分岐を過ぎると名無し峠を越える。この峠が伊南川の水系と只見川本流の水系を分けている。峠を下っていくと、東北の最高峰、燧岳(2356m)が見えてくる。東北の最高峰とはいっても関東に限りなく近い山なので、あまり東北の最高峰とは思われてはいないのが残念だ。それよりも山形・秋田県境の日本海沿いの鳥海山(2236m)の方が、はるかに東北の最高峰らしい山になっている。その差は20メートル。

 只見川源流の樹林地帯の中を走り抜け、只見川にかかる福島・新潟県境の金泉橋に到着。只見駅前から85キロの地点。橋の上から只見川の流れを見下ろした。只見川は尾瀬ヶ原から流れ出し、落差100メートルの豪快な滝、三条の滝を流れ落ち、金泉橋の下を流れ下っていく。金泉橋を渡って新潟県に入ったところで折り返し、南会津町の南郷まで戻り、片貝温泉の「ホテル南郷」に泊まった。なお、県境の金泉橋からそのまま新潟県内を走っていくと銀山平から枝折峠を越え、関越道の小出ICに出る。

IMG_4772

▲JR只見線の只見駅前を出発

IMG_4781

▲国道352号を行く

IMG_4784

▲国道352号沿いの屏風岩

IMG_4785

▲尾瀬檜枝岐温泉の「駒の湯」

IMG_4786

▲檜枝岐の「まる家」の「そば定食」

IMG_4790

▲県道1号との分岐

IMG_4792

▲東北の最高峰、燧岳を見る

IMG_4794

▲福島・新潟県境の金泉橋に到着

IMG_4798

▲金泉橋から見る只見川の流れ

IMG_4799

▲金泉橋を渡って新潟県に入ったところで折り返す

IMG_4812

▲片貝温泉の「ホテル南郷」

IMG_4814

▲「ホテル南郷」の夕食

Comments

Comments are closed.

  • 日本一周中

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.186
    9月23日発売

    特集

    「生涯旅人」賀曽利隆

     ロングインタビュー


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセスできます

    PCと同じアドレスで、携帯からもアクセスできます。 このQRコードをご活用ください。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。