カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[4]

投稿日:2015年10月29日

海岸一帯は大工事現場に

2015年9月11日(福島一周)

 四倉舞子温泉「よこ川荘」の朝湯に入り、朝食を食べて出発。国道6号を北へと、V−ストローム1000を走らせる。

 道の駅「よつくら港」に立ち寄り、その先の国道6号の右側にあるいわき蟹洗温泉を見ていく。ここは東日本大震災では大きな被害を受けたが、今は営業を再開している。短いトンネルを抜けると、名勝の波立海岸。国道6号の左側にある波立薬師を参拝。波立海岸では海岸の堤防が新しく造られている。左手の山肌では、国道6号のバイパスが建設中。

 久之浜ではJR常磐線の久ノ浜駅に行き、次に大津波と大火に見舞われた海岸地帯へ。盛土の工事が進み、風景がまったく変わっている。その中に埋もれるようにして、大津波から残った奇跡の稲荷神社の祠がある。つづいて殿上崎の北側にある久之浜漁港へ。岸壁がかさ上げされている。国道6号沿いに建設中だった7階建と8階建の2棟の災害公営住宅は完成し、すでに入居が始まっている。

 久之浜を過ぎると、JR常磐線の末続駅の近くを通り、いわき市から広野町に入る。

 広野町ではJR常磐線の広野駅に行き、ちょうどやってきた楢葉町の竜田駅行きの電車を見送った。現在、常磐線は広野駅から楢葉町の木戸駅、そして次の竜田駅までが開通している。竜田駅から先、南相馬市の原ノ町駅までは不通のまま。「竜田駅〜原ノ町駅」間の開通の予定はまったく立っていない。これも原発の爆発事故の影響だ。

 広野駅から海岸地帯へ。新しい堤防が建設中で、海沿いを走る県道391号の高架橋も建設中。海岸一帯が一大工事現場になっている。その先には東電の広野火力発電所が見える。最新鋭の石油・石炭火力発電所で、その発電量は福島第1、第2の原子力発電所に匹敵する。この広野火力発電所の復旧は早く、そのおかげで東電は電力危機を免れたといっていい。海岸地帯から国道6号に戻ると、広野町から楢葉町に入った。

IMG_2131

▲「よこ川荘」の朝湯に入る

IMG_2132

▲「よこ川荘」の朝食

IMG_2133

▲「よこ川荘」を出発

IMG_2134

▲道の駅「よつくら港」

IMG_2135

▲波立海岸の波立薬師

IMG_2136

▲波立海岸の弁天島

IMG_2140

▲久之浜の稲荷神社

IMG_2142

▲久之浜漁港

IMG_2143

▲久之浜の災害公営住宅

IMG_2145

▲JR常磐線の広野駅

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税