カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[3]

投稿日:2015年10月28日

続々と営業再開

2015年9月10日(福島一周)

 V−STROM1000で富神崎の沼ノ内の集落を走り抜けると、海沿いの県道382号を行く。新舞子海岸の松林の中を走っていくので海は見えない。海岸には新しい堤防が建設中で、一部の区間では新しい堤防が完成していた。

 県道382号からわずかに入ったところにあるかんぽの宿「いわき」(入浴料600円)の湯に入っていく。さっぱりした気分で県道382号を北へ。夏井川の河口を渡る。河口は堆積した砂でふさがれ、夏井川の水は太平洋には流れ出ることなく、海岸線に沿って流れる横川に入っていく。

 横川の河口にかかる橋を渡り、国道6号に合流。道の駅「よつくら港」、四倉漁港、大津波の被害から復活し、営業を再開した蟹洗温泉と見てまわる。そして来た道を戻り、横川の河口にある四倉舞子温泉の「よこ川荘」に泊まった。湯から上がると冷えたビールをキューッと飲み干し、そして夕食。カツオの刺身も牛肉の陶板焼きもうまかった。

「よこ川荘」は海岸のすぐ近くの宿で、大津波をまともに受けた。震災直後の光景を見た時は、「よこ川荘の再開はもう無理だな」と思ったほど。それが全国からやってきたボランティアたちの支援もあって、おかみさんは見事に宿を再開させたのだ。

「大広間の50畳もの畳を全部、私が運び出したのよ!」
 というおかみさんの話は今や伝説だ。

 隣の「なぎさ亭」も震災から4年以上たって再建され、営業が再開された。

IMG_2121

▲新舞子浜の完成した堤防

IMG_2122

▲かんぽの宿「いわき」

IMG_2127

▲夏井川の河口

IMG_2128

▲道の駅「よつくら港」

IMG_2129

▲四倉漁港

IMG_2130

▲四倉舞子温泉「よこ川荘」

IMG_2131

▲「よこ川荘」の湯

IMG_2132

▲「よこ川荘」の壁画。波立海岸を描いている

IMG_2133

▲「よこ川荘」の夕食

IMG_2134

▲「よこ川荘」の隣の「なぎさ亭」

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税