カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く台湾[31]

投稿日:2015年10月13日

台鈴本社に無事帰還

2015年8月7日(4日目)

 大型台風の直撃をくらって台北は大荒れの天気。ゴーゴーとうなりを上げて強風が吹き荒れている。たたきつけるような雨が強風に舞う。台鈴本社の地下駐車場にV−ストローム1000を戻すと、日本から来たときと同じ「ホテルK(柯達大飯店)」に泊また。台鈴が用意してくれたホテルだ。

 部屋に荷物を置き、シャワーを浴びてビショ濡れになったウエアや下着を着替え、台鈴の本社に戻る。李さんと若い李さん、蘇さんが待ち構えてくれていている。そして台風のさなかの夕食会になった。台鈴の重鎮の陳さんも同行してくれた。

 台鈴の本社近くのレストランに入ると、さっそく「台湾ビール」で乾杯。李さんの強運さにはもう脱帽だ。日程がすこしでもズレていたら、V−ストローム・ツーリングはモロに台風の直撃を受けた。ところが台北から日月潭までは一滴の雨にも降られなかった。それどころかドピーカンの晴天の連続だった。もう信じられないような強運さだ。
「台湾ビール」を何本も空けたあとは、埔里の「紹興酒」を飲んだ。陳さんも紹興酒が大好きなのでつがれるままに飲んだが、飲むたびごとに埔里の町が目に浮かんでくるのだった。

 おおいに飲みながらの夕食。まずは炒飯が出たが、これはキャベツの葉に包んで食べる。つづいて名物の小籠包。そのあと豚の挽肉料理が出たが、これは厚手の米粉の皮で包んで食べる。さらにナッツ入りの鶏肉料理、台湾風の餅、牛肉巻、台湾風のお好み焼きが出たが、もう満腹。飲みながら食べながらのみなさんとの会話はおおいにはずんだ。といってもぼくは台湾語をほとんど話せないのだが…。

 何とも楽しい夕食会が終わり、みなさんはそれぞれ台風の中、家路についた。ぼくはすぐ近くの「ホテルK(柯達大飯店)」に戻ったが、わずかな距離にもかかわらず、ずぶ濡れになった。

IMG_8910

▲台北は台風の直撃を受けて大荒れの天気

IMG_8911

▲この店で夕食会

IMG_8912

▲「台湾ビール」で乾杯!

IMG_8913

▲「台湾ビール」のあとは埔里の「紹興酒」

IMG_8915

▲夕食の最初は炒飯

IMG_8916

▲つづいて小籠包

IMG_8919

▲ナッツ入りの鶏肉料理

IMG_8920

▲台湾風の餅

IMG_8923

▲牛肉巻

IMG_8924

▲台湾風のお好み焼き


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税