カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く台湾[28]

投稿日:2015年10月9日

台湾のヘソ

2015年8月7日(4日目)

 キャンプ場の朝食開始。お粥を器によそい、その上に玉子焼きやモヤシ、キャベツ、漬物などをのせて食べる。「お粥丼」といったところだ。これが美味で3杯飯ならぬ3杯粥を食べた。といってもお粥なので、3杯食べても腹にはもたれない。朝粥はほんとうにいい。

 名残おしいキャンプ場を出発。我々はV−ストロームを走らせて埔里へと下っていく。その途中、霧社の町を過ぎたところにある「霧社事件」の記念碑に立ち寄った。「碧血英風」と書かれた白い石門をくぐると「抗日英雄像」があり、その奥に記念碑が建っている。「霧社事件」は昭和5年(1930年)10月27日未明に起きた。山地民タイヤル族のモナ・ルタが率いる蜂起部隊約300名は霧社管内の駐在所を次々に襲撃し、巡査と家族を殺害し、大量の武器を手に入れた。それを持って日本人学校を襲撃し、日本人の大人、子供134名を殺害した。当時、台湾を支配していた日本の当局は軍隊をも動員したが、タイヤル族の蜂起部隊を鎮圧したのは事件発生から50日後のことだった。「霧社事件」の記念碑前に建つ「抗日英雄像」というのはモナ・ルタ(莫那魯道)の像であり、ここにはモナ・ルタの墓もある。

 霧社から山を下った山裾に埔里の町がある。埔里は「台湾のヘソ」。「台湾中心の地」公園には「台湾中心の地」碑が建っている。碑には「山清水秀」と書かれている。名水の地なので、台湾産「紹興酒」の名産地になっている。さらに「山清水秀」の地のなせる技なのだろう、埔里は「埔里美人」でも知られている。町を歩く女性にはなるほど美人が多いように見えた。

 埔里は1999年の台湾大地震の震源地に近く、大きな被害を出したところだが、大地震の傷跡は今ではほとんど見られない。台湾大地震の際には日本からいちはやく支援を受けたということで、2011年の東日本大震災では「日本を助けよう!」と市民が一丸となって募金活動を行い、多額の支援金を早々に日本に送ってくれた。そんな埔里なのだ。

IMG_8880

▲キャンプ場の朝食開始!

IMG_8881

▲テーブルに料理が並ぶ

IMG_8884

▲これが「お粥丼」

IMG_8885

▲デザートの台中のナシ

01_taiwan28

▲名残おしいキャンプ場

02_taiwan28

▲さー、出発だ!

IMG_8886

▲霧社の「霧社事件」記念碑の石門

IMG_8887

▲埔里の「台湾中心の地」碑

IMG_8888

▲埔里の中心街に入っていく


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税