カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く台湾[24]

投稿日:2015年10月4日

「ニイタカヤマノボレ」

2015年8月6日(3日目)

 台湾の国道最高所峠、標高3275メートルの武嶺(ウーリン)を出発。武嶺越えの道は峠越えというよりも山頂越えのような道なので、一気に谷底に下っていくのではなく、山上道をゆるやかに下っていく。快適なコーナーの連続。コーナリングを楽しみながらV−ストローム1000をヒラリヒラリと右に左に舞うようにして走らせる。3000メートル峰が連なる台湾中央山脈の大山岳風景を眺めながらの走行は最高だ。

「太魯閣国家公園」(タロコ・ナショナルパーク)の碑の前で小休止。そこからは奇莱山の主峰(3560m)を間近に眺める。目に入る山並みはすべてが3000メートル峰。一番奥の山並みの右端あたりに台湾の最高峰、玉山(3952m)が小さく見えている。

 玉山は日本統治時代の新高山。富士山よりも高い「新しい日本の最高峰」ということで新高山と名づけられた。1941年12月2日に発令された日米開戦の日時を告げる旧日本海軍の暗号電報「ニイタカヤマノボレ1208」の「ニイタカヤマ」というのは玉山のことだ。

01

▲武嶺の駐車場を出発

02

▲山上道を行く

03

▲武嶺をゆるやかに下っていく

04

▲武嶺の峠道

05

▲山上の快走路を行く

06

▲いや〜、たまらん!

07

▲ヘアピンカーブを走り抜ける

IMG_8191

▲「太魯閣国家公園」碑前からの眺め

IMG_8192

▲「太魯閣国家公園」碑前から見える3000メートル峰の案内板

Comments

Comments are closed.

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.64
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税