カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く台湾[17]

投稿日:2015年9月17日

立霧渓を眺めた

2015年8月6日(3日目)

 台湾東海岸の中心地、花蓮は台湾中央山脈を越える台湾横断路「東西横断公路」の起点だ。花蓮で給油し、国道9号を北に30キロほど走ると、立霧渓(渓は川の意味)の河畔の太櫓閣に到着。ここが東西横断公路と国道9号との分岐点になっている。

 東西横断公路は太櫓閣の大峡谷を走り抜け、台湾中央山脈の峠を越え、東海岸の台中へと通じている。我々はこれから東西横断公路の峠を目指すのだ。

 東西横断公路の入口には、「太魯閣国家公園(国立公園)東西横貫公路(東西横断公路)」と彫り刻まれた大きな碑が建っている。ここはちょっとした観光地で土産物店が何軒か並び、観光バスが次々にやってくる。観光客は碑の前で記念撮影をしていく。我々もV−ストロームを止めると同じよに記念撮影し、そのあとは立霧渓にかかる橋を歩いて渡り、橋の上から立霧渓を眺めた。

IMG_8729

▲花蓮を出発。さ〜行くぞ、V−ストロームよ!

IMG_8730

▲正面に立ちふさがる山並みに向かっていく

IMG_8733

▲切り立った岩山

IMG_8734

▲東西横断公路入口の碑

IMG_8735

▲東西横断公路入口の碑にやってくる人たち

IMG_8736

▲東西横断公路入口の土産物店

IMG_8737

▲観光バスが次々にやってくる

IMG_8743

▲立霧渓の上流方向を見る

IMG_8744

▲立霧渓の下流方向を見る

Comments

Comments are closed.

Scroll Up