カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く台湾[15]

投稿日:2015年9月11日

夜明けの花蓮

2015年8月6日(3日目)

 8月6日、夜明けとともに目覚めると、すぐに「力麗哲園飯店」(ガーデンホテル)の前から花蓮の町を歩き始める。すぐに目につくのは「KYMCO」と「SYM」の看板。キムコは光陽機車、シムは三陽機車で台湾のバイクの2大メーカーだ。

 夜明けの花蓮の目抜き通りを歩く。この時間帯だとほとんど車も通らない。一方通行路の入口には「単行道」の標示、出口には「禁止進入」の標示。日本語と近いようでいて、何気なく違うのがおもしろい。これが海外を旅するおもしろさで、目に入るものすべてが新鮮でおもしろい。

 花蓮の町中の「セブンイレブン」は朝早くからにぎわっている。隣のガソリンスタンドもすでに営業している。24時間営業かもしれない。

 やがて花蓮の町に朝日が昇る。目抜き通りから裏道に入り、鉄道跡の道も歩いた。花蓮を貫く国道9号も歩いた。1時間ほど気の向くままにプラプラ歩き、「力麗哲園飯店」(ガーデンホテル)に戻るのだった。

IMG_8702

▲花蓮の夜明け

IMG_8703

▲「力麗哲園飯店」を出発

IMG_8704

▲「力麗哲園飯店」前の道

IMG_8705

▲キムコの店

IMG_8706

▲シムの店

IMG_8707

▲早朝の花蓮

IMG_8708

▲一方通行路の入口

IMG_8709

▲一方通行路の出口

IMG_8710

▲花蓮の目抜き通り

IMG_8711

▲花蓮の「セブンイレブン」

IMG_8713

▲花蓮のガソリンスタンド

IMG_8714

▲花蓮の町に迫る山並み

IMG_8716

▲花蓮の町に朝日が昇る

IMG_8719

▲鉄道跡の道を歩く

IMG_8721

▲花蓮を貫く国道9号

IMG_8722

▲花蓮のバイク屋さん

Comments

Comments are closed.

Scroll Up