カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く台湾[13]

投稿日:2015年9月7日

東海岸の中心「花蓮」に到着

2015年8月5日(2日目)

 断崖が海に落ちる台湾・東海岸の探訪を終えると、国道9号に戻り花蓮へ。

 そそり立つ岩山の下にある「セブンイレブン」で小休止。日本でいえば道の駅くらいの広さがある「セブンイレブン」だ。きれいな店内でアイスクリームを食べた。そのあとは広い駐車場に14台のV−ストロームをズラリと並べて記念撮影。全員での記念撮影を終えると、今回、唯一のタンデムでの参加となった傳傳偉さん、黄月美さん夫妻の写真を撮らせてもらった。夫婦別姓の台湾だが、傳傳偉さんが夫、黄月美さんが妻になる。黄月美さんは今回はリアに乗ったが、彼女はV−ストローム1000を上手に乗りこなす。夫婦でバイクを楽しむ傳傳偉さんと黄月美さんには心からの拍手を送りたくなる。

 花蓮に近づいた。

 花蓮は台湾中央山脈を越える台湾横断の「東西横断公路」の起点になているが、花蓮の町から北に30キロほどの地点で、国道9号と分岐している。東西横断公路は太櫓閣の大峡谷を走り抜け、台湾中央山脈の峠を越えて東海岸の台中へと通じている。その分岐点を過ぎると空軍基地の前を通ったが、轟音をとどろかせてジェット戦闘機が頭上を飛んでいった。沖縄の国道58号で嘉手納基地の前を走るのと同じようなシーン。花蓮にはF16戦闘機が配備され、台湾のもうひとつの空軍基地、新竹にはミラージュ戦闘機が配備されているという。

 夕日が空を赤く染める頃、台湾東海岸の中心都市の花蓮に着いた。とはいっても西海岸の大都市群とは違って、広々とした田園都市といった印象。台湾第一の景勝地、太櫓閣峡谷から切り出される大理石の集積地として知られ、「大理石の町」ともいわれる。花蓮は高雄、基隆と並ぶ「台湾三大港」のひとつにもなっている。

IMG_8668

▲「セブンイレブン」で小休止

IMG_8669

▲「セブンイレブン」の店内

IMG_8670

▲「セブンイレブン」の全景

01

▲ズラリと並んだ14台のV−ストローム

02

▲大好評の特製横断幕を掲げての記念撮影

IMG_8675

▲傳傳偉さん、黄月美さん夫妻

IMG_8676

▲夕暮れの花蓮の町に入っていく

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.67
    12月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    道志村


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up