カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く台湾[12]

投稿日:2015年9月5日

与那国島は見えますか

2015年8月5日(2日目)

日本に一番近い町、蘇奥を出発し、国道9号をさらに南下する。台湾中央山脈の山並みが海に迫り、断崖が連続する。山の中腹のワインディングルートをV−ストローム1000で走り抜けていく。わずかな平地が開けたところで国道9号を離れ、海岸へ。その一帯には養殖池がつづく。養殖池の尽きたあたりの海岸で我々はV−ストロームを止めた。そこではブルドーザーを改造した観光用のキャタピラー車に乗り換え、絶景の海岸線を行く。山並みがストンと海岸線に落ち込んでいる。大きな海食洞の前で止まり、そこで全員集合の記念撮影をした。

目の前の海の向こうには与那国島がある。100キロ以上も離れているので水平線上に島影はない。日本最西端の与那国島の西崎からは、年に何回か、台湾がよく見えるという。台湾中央山脈の山々が、横一列にズラズラッと並んでいるシーンはまるで大陸のようだと与那国の島の人はいっていた。その話を思い出し、キャタピラー車で案内してくれた人に、「ここから与那国島は見えますか」と聞いてみた。すると「まったく見えないよ。与那国は知っているけど、一度も見たことはない」とのことだった。終戦直後の頃は、台湾の蘇奥や花蓮と与那国島の間には、ずい分と人の交流があったという。

01_20150805-DSC_8978

▲国道9号のワインディングルートを行くカソリ号のV−ストローム1000

02_20150805-DSC_8915

▲これが観光用のキャタピラー車

03_20150805-DSC_8888

▲キャタピラー車に乗って海岸線を行く。カソリの隣は台鈴の李さん

IMG_8660

▲絶景シーンの海岸を行く

IMG_8662

▲大きな海食洞の前で止まった

04_20150805-DSC_8921

▲カソリ、万歳! 海の向こうには与那国島

IMG_8665

▲これが海食洞

05_20150805-DSC_8933

▲海食洞の前でカソリポーズで記念撮影

Comments

Comments are closed.

  • 日本一周中

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.186
    9月23日発売

    特集

    「生涯旅人」賀曽利隆

     ロングインタビュー


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセスできます

    PCと同じアドレスで、携帯からもアクセスできます。 このQRコードをご活用ください。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。